« 頭痛の講演会が予定されています/トリプタンと痛み止めの違い | トップページ | ガンダムカフェ/製作中でした/GUNDAM Cafe »

2010年4月21日 (水)

ボスミン注射液とアドレナリン/エピネフリンで無くなりました!

知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165) 知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165)

祥伝社  2009-07-28
売り上げランキング : 231724
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高峰譲吉が見つけた「アドレナリン」を日本の製薬メーカー、それも、高峰が作った会社が、不完全な「エピネフリン」という名前をつけているのは問題ではないか、と、この本の中でも指摘していました。(49ページ)

クリニックのアドレナリン注射液が期限を迎えていたので、新しく発注したところ、届いたのは、なんとこのような箱でした。
Photo

下が、古い箱、上が新しい箱です。
下が「エピネフリン」なのに対し、上の新しい箱は「アドレナリン」になっています。

素晴らしい出来事です。
10年以上、「おかしい」と思っていたことが直っていました。
ビックリです。
今日、東京は晴れましたが、こんな風に良いこともあるものです。

|

« 頭痛の講演会が予定されています/トリプタンと痛み止めの違い | トップページ | ガンダムカフェ/製作中でした/GUNDAM Cafe »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/48169754

この記事へのトラックバック一覧です: ボスミン注射液とアドレナリン/エピネフリンで無くなりました!:

« 頭痛の講演会が予定されています/トリプタンと痛み止めの違い | トップページ | ガンダムカフェ/製作中でした/GUNDAM Cafe »