« 東京医科歯科大学神経内科の記念の式典 | トップページ | 頭痛治療薬の解析を進めています »

2010年4月 9日 (金)

海の思い出/白い砂と海

小さかった頃、茅ヶ崎に住んでいました。

まっすぐ防風林をぬけると、そこは海でした。
夏には砂が焼けて真っ白だったことを思い出します。
フグがよく打ち上げられていました。

遊びつかれてもどってくると、公園で遊びました。
公園の周りはコンクリートの枠で丸くふちどられていました。
当時は、青や赤といった原色でコンクリにペンキを塗っていましたので、そのコントラストを覚えています。

友達が帰ってしまったあと、その枠の上にのぼり、夕日に焼ける富士山を見ていました。
仲間のいない公園は美しいけれども、寂しいものでした。

人の脳には、通常はしまわれている映像があるものです。
今日、何気ないテレビに流れた砂浜の映像をみて、そんな風景を思いだしました。

|

« 東京医科歯科大学神経内科の記念の式典 | トップページ | 頭痛治療薬の解析を進めています »

17.雑言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/48017997

この記事へのトラックバック一覧です: 海の思い出/白い砂と海:

« 東京医科歯科大学神経内科の記念の式典 | トップページ | 頭痛治療薬の解析を進めています »