« 頭痛の論文、発表が控えています | トップページ | 『間』の大切さ/切り替えるリズム »

2010年6月17日 (木)

頭痛と皮膚の異常感覚/光がまぶしい、音が気になる

片頭痛は脳血管の不調で起きてくる痛みですが、同時に脳の変調もきたす病気です。

そのため、頭痛の前に“生あくび”がでたり、“集中力がおちたり”することもよくあります。

もうひとつ、よく見られる症状は、“感覚系の異常”です。

頭痛発作の前後、顔の周りや頭皮にビリビリした嫌な感じがすることがあります。
頭痛の強い痛みによって、脳が過敏になったための症状です。
アロディニアと呼ばれます。

光がまぶしく感じたり、大きな音が嫌になったりするのも同じ理由です。
きちんと頭痛を治療すると、そういった過敏な症状もなくなっていきます。

|

« 頭痛の論文、発表が控えています | トップページ | 『間』の大切さ/切り替えるリズム »

02.頭痛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/48653136

この記事へのトラックバック一覧です: 頭痛と皮膚の異常感覚/光がまぶしい、音が気になる:

« 頭痛の論文、発表が控えています | トップページ | 『間』の大切さ/切り替えるリズム »