« クイックターンとバタフライの距離 | トップページ | 7月15日の学会発表が無事おわりました。 »

2010年7月13日 (火)

宮崎駿とipad/デバイスは道具に過ぎない/かけがえのない人の意味

宮崎駿さんがipadや電子デバイスに対して面白い話をしています。

消費する一方で、精神が衰退するなら止めてしまえ。
人間はクリエイティブであるべきだ との意見です。

全くそのとおりです。
クリエイティビティのためにipadを使うなら良いけれども、使うことに満足して恍惚としているなら、“止めてしまえ”ということです。
何か新しいものを持っていることの物質に依存した優越感なら捨ててしまえということです。
何を創りだすかが重要。

明日の神経治療学会では、片頭痛治療薬への患者さんの好みなどについてを発表する予定です。
いままで、きちんとした報告がなかったものです。

また、日本医学協会さんでの講演会では、緊張型頭痛に効果を持つ体操のお披露目ができそうです。

何かを創りだそうとする意思が大切です。

|

« クイックターンとバタフライの距離 | トップページ | 7月15日の学会発表が無事おわりました。 »

17.雑言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/48864106

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎駿とipad/デバイスは道具に過ぎない/かけがえのない人の意味:

« クイックターンとバタフライの距離 | トップページ | 7月15日の学会発表が無事おわりました。 »