« 雨の合間の晴れ間 | トップページ | 日本医学協会での講演会 »

2010年7月10日 (土)

イミグラン自己注射キットの有用性/『イミチュー』

7月15日に横浜で行われる神経治療学会では、片頭痛治療薬を患者さんがどんなふうに選択しているかについて発表する予定です。

それに引き続き、現在、イミグラン自己注射のデータを解析しています。
年末に行われる頭痛学会ではそのデータに基づいた、お役立ちの発表を行いたいと思っています。

先日居らっしゃった患者さんが、『私って、イミチュー必要じゃないでしょうか?』とおっしゃっていました。
『イミチュー? 皮下注ではないですか?』と訪ねると、
『イミグランの皮下注射なので、仲間内では“イミチュー”って呼んでるんですよ』と。
『イミチューって、なんか、世界的に有名なネズミのキャラクターを想像させて、かわいいですね』とお話すると、笑われていました。

イミチュー、という呼び名も良いものです。
年末は学会で、『イミチューの発表をする』事になりそうです。

|

« 雨の合間の晴れ間 | トップページ | 日本医学協会での講演会 »

02.頭痛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/48834599

この記事へのトラックバック一覧です: イミグラン自己注射キットの有用性/『イミチュー』:

« 雨の合間の晴れ間 | トップページ | 日本医学協会での講演会 »