« 頭痛のセッション/期待しています | トップページ | 空を見ていました/秋葉原のビルはatre・アトレになるようです »

2010年8月 5日 (木)

波の立たない科学的なバタフライ

科学的に、どうすれば全てのエネルギーが推進力になるのか、自ら受ける体を減らせるのか、解説されています。
陽の光を受けたバタフライ、泡が立たず、美しい。

バタフライの良いところは、のどもとから胸を経て、お腹、大腿、つま先まで水の流れを感じることができるところです。
うまくドルフィンが推進力をだしてくれると、手の回転も楽になり、リカバリーしやすくなります。

何よりも、動きに無駄なく泳いでいる人の姿は美しい。
背中を流れる水も綺麗です。

今朝はバタフライ500mを含む1000mを泳いできて、診療にあたっています。

とても暑いので、泳いでから、というのは良い感じです。

|

« 頭痛のセッション/期待しています | トップページ | 空を見ていました/秋葉原のビルはatre・アトレになるようです »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/49041748

この記事へのトラックバック一覧です: 波の立たない科学的なバタフライ:

« 頭痛のセッション/期待しています | トップページ | 空を見ていました/秋葉原のビルはatre・アトレになるようです »