« 蛍のつむぐ光の先へ | トップページ | 万華鏡の中里先生がNHKに出演予定とのこと/おめでとうございます! »

2010年9月27日 (月)

清水先生の頭痛の講演会のお手伝い

頭痛女子のトリセツ 頭痛女子のトリセツ
清水 俊彦

マガジンハウス  2010-06-24
売り上げランキング : 75547
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近、新著をだされた清水先生の講演会をお手伝いしてきました。
Shimizudr_2
頭痛診療は日々進んでいて、
新しい知見と、治療について
おはなしを伺いました。
有意義な一日でした。

Zutukouenkai多くの先生方もいらっしゃって、
多くの質問も行き交いました。

頭痛の治療は、そのメカニズムに迫ることが必要です。
痛み過敏脳という言葉を数年前に作りました。
良い言葉がなかったからです。

新版頭痛でも、そのことに触れています。
緊張型頭痛のページを大幅に削って、
変容性片頭痛の項を新たに大幅に増やしたのはそのためです。

首の骨の生理的湾曲が無い、
ストレートネックである、
なで肩である・・・

多くの場合、そういったものは頭痛の原因にはなりません

もし、首や肩の変形が原因なら、
なぜ、発作的に頭痛が悪化するのでしょう?
いつも同じ形なのに。

それよりも、月経周期の方がはるかに頭痛に大きな影響を与えます
的を射ていない治療だから、頭痛が治らないのです。
清水先生の講演会も、脳の過敏性という点に重点が置かれていました。
世の中、良い方向へ概念が変わっていっている気がします。

以前、頭痛学会で平田先生が、
「大和田くんの言っていること、あっていると思うよ」
と声をかけてくださったことを思い出します。

Taifu 当日は嵐の日で、
帰りのタクシーのなかから、
低くなった空に東京の街の灯りが反射していました。
雲の流れも早く、過ぎる時間の速さを写しているようでした。

|

« 蛍のつむぐ光の先へ | トップページ | 万華鏡の中里先生がNHKに出演予定とのこと/おめでとうございます! »

02.頭痛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/49578628

この記事へのトラックバック一覧です: 清水先生の頭痛の講演会のお手伝い:

« 蛍のつむぐ光の先へ | トップページ | 万華鏡の中里先生がNHKに出演予定とのこと/おめでとうございます! »