« 講演会の準備をしています | トップページ | 日本が勝ちました »

2011年1月24日 (月)

同じものは違うもの / 心をきたえること

医療現場では、
同じ病名でも、病態や状態が異なることがよくあります。

同じものは全ては違うもの
さらに、
自分も変われば相手(への理解)も変わる

と考えています。
かたちのある物、無い物のボーダーはない。
そして、
何かがあれば、常に失われる可能性を秘める。

私達が医局の雑然とした部屋、あるいは詰所、あるいは医局で、
ベテランの先生に最初に教わる事柄です。 
のびたカップラーメンを思い出します。

私達は常に「動的平衡」の上に成り立つ存在です。

不生不滅、色即是空。

その後の人生においても、
その大切さを教えてくださった方々の存在に感謝しています。

|

« 講演会の準備をしています | トップページ | 日本が勝ちました »

17.雑言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/50668539

この記事へのトラックバック一覧です: 同じものは違うもの / 心をきたえること:

« 講演会の準備をしています | トップページ | 日本が勝ちました »