« ヨードとうがい薬 | トップページ | 希望を持つこと / 粘り強く生きること »

2011年3月24日 (木)

ベクレルとシーベルト、グレイ / なんなのこの単位

放射線の報道は垂れ流しになっています。

ベクレルシーベルトグレイといった単位が入り乱れて、
不安感だけをあおっています。

もともと放射線は、放射線を発するものがあるので存在するわけです。

放射線を発する物がわからみた単位がベクレルです。
放射線を吸収する受け手側の単位がグレイです。

ただ、金属やいろいろな物質ならグレイでもよいのですが、
生き物の私達にとっては、障害が起きるかどうかが重要ですし、
放射線を出す物質によって、性質が違うので、
いろいろな計算式を経た結果の放射線による影響力といった意味合いで、
シーベルトという単位を用います。

そのため、人間が主役の時にはシーベルトという単位が登場することが多く、
降り注ぐ放射性物質から出てくる放射線量の報道の時には、ベクレルという単位
が用いられているわけです。

私は、何ベクレル降り注いだら、どれだけのシーベルト被ばくするか、
換算してから報道すべきだと思っています。
あるいは、平均に比べて何シーベルト上昇したのか、
人体に影響する尺度で報道してもらわないと、
私達は放射線の専門家ではないので、混乱するだけです。

咀嚼しないで、そのまま情報を垂れ流すだけでは意味がありません。
ちなみに、六ヶ所村のこの資料をもとに計算すると
放射性ヨウ素では、1X10の10乗ベクレルが0.0252マイクロシーベルトぐらいになりそうです。

体内に取り込まれた放射性物質は体内にある間の量を積算する必要があるので、詳しくはこちらに換算表が示されています。

東京で検出された数百ベクレルの水1Lは、数十年かけて体内で被ばくしたとしても、数マイクロシーベルトレベルとなります。
この量なら、数千マイクロシーベルト/年の自然界の放射線に混じってしまうレベルでしょう。また、数日後には数十ベクレルに低下していました。
放射線に感受性の高い小児には注意が必要かもしれません。

計算が違っているかもしれません。
専門家が説明してくださるでしょうから、正しい方をご参照ください。
よく質問されるので、目安まで、お書きいたしました。
サンケイエクスプレスのコラムにも書いていく予定にしています。

大切なのは受けた放射線量の積算と、
外部被ばくより内部被ばくが重要な点です。

|

« ヨードとうがい薬 | トップページ | 希望を持つこと / 粘り強く生きること »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/51197275

この記事へのトラックバック一覧です: ベクレルとシーベルト、グレイ / なんなのこの単位:

« ヨードとうがい薬 | トップページ | 希望を持つこと / 粘り強く生きること »