« 余震による頭痛、めまい / 長周期地震動? | トップページ | 節電のミクロの視点とマクロの視点 / 原発が停止した東京 »

2011年4月 1日 (金)

IP20のその後 / エスプリブラン

私のクリニックはドイツ製のIP20という組み立て家具でつくってもらいました。

決められた規格の質の高い板を組み合わせて作るものです。
実際、未だにあまり汚れません。
地震でも、ラッチが無いにもかかわらず、
扉の重さだけで開いてしまうことはありませんでした。

ところが、そのIP20の日本での施工主さんが倒産してしまいました。
リーマンショックなどの受注の低下が原因だそうです。

でも、IP20はとても優れているシステムだったため、
その魂を引き継いだ企業がありました。

それが、エスプリブランさんです。
会社が倒産してしまっても、
その後の施工をお願いできるのは、
そういった方々がクリニックを訪ねてきてくださるのは、
本当にうれしい話です。

早速、IP20の不具合も直してもらうことにしました。

良き魂を消さずに残してくださっていて、
本当に助かりました。

|

« 余震による頭痛、めまい / 長周期地震動? | トップページ | 節電のミクロの視点とマクロの視点 / 原発が停止した東京 »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130679/51274670

この記事へのトラックバック一覧です: IP20のその後 / エスプリブラン:

« 余震による頭痛、めまい / 長周期地震動? | トップページ | 節電のミクロの視点とマクロの視点 / 原発が停止した東京 »