« J-waveの21時頃の選曲 / 初夏の曲 | トップページ | 大手プロダクションの方とお話しました »

2011年5月15日 (日)

日本医師会の放射線に対する声明文

日本医師会が、放射線に対する声明文を発表しました(PDFファイル)。

これまで、共有されているのではないかと思われる
「感覚」を書いてきましたが、
国内の医師たちの声明が簡潔にまとめられています。

人間の命を守ろうと思う医師たちは、
世界のどこでも、
おおよそ同じことを考えていることが示されました。

行政的な運用は、また別な話です。
放射線と健康の関連についての医師たちの立場を表明したものと
考えています。

今日、外苑前にある先端技術館/TEPIA に行ってきました。

2階では、さまざまなビデオのアーカイブが見れます。
生物の左右対称について、
オオヒメグモの卵にはクムルス(!)という細胞群が生まれ、
それが移動することで、dorsal(背側)とviceral(腹側)が決まるという話は、
大変興味あるものでした。

原子力関係のアーカイブも見てきました。
常陽で実験に成功した結果を持って
もんじゅに移行し、
プルトニウム燃料が減らないどころか、どんどん増える
という夢のような放射性物質のシステムの循環について
分かりやすく、詳しく述べられていました。

たくさんの技術者が働いていて、
こんなにも最先端の放射性物質の取り扱い研究施設があるのかと、
驚かされました。

未来のエネルギーシステムであることは間違いないと思いました。
でも、一方で、ぜい弱な肉体を持つ人間が、
放射性物質を扱う限界が
いままさに露呈している現状も忘れることはできませんでした。
放射線が強いと、近づけないし、直せない。
大量の放射線を含んだ水の扱いも容易ではない。

そして、そこで、命がけで戦っている人々のご苦労。

予想されていたように、津波とは関係なく、
地震そのもので原子炉が壊れてしまうことも、
今日、報道されました。
核反応を停止させるどころか、燃料と停止棒、
その構造自体が崩れ落ちて粉々になって水中にふり積もっている。

私は日本は元通りにはならないと思っています。
これほどまでに人命も地形も原子炉も破壊され、
人々のエネルギーに対する認識も変わってしまった以上、
以前と同じような状態を復元することはできないと思います。

全く違う日本として再出発して、
蘇える必要があると思っています。

その時、
どんな日本を作っていくのか、
どんな未来を作っていくのか、
よく考えるチャンスを与えられたのだと感じています。

手探りで、全力で解決策を見出していくことが大切で、
その「解」は、世界に対して大きな影響を与えることでしょう。
日本はいつも、そういった役割を果たす国なのかもしれません。

一つずつ、一歩ずつ、
やっていくしかありません。
大切な事はシンプルなものです。

|

« J-waveの21時頃の選曲 / 初夏の曲 | トップページ | 大手プロダクションの方とお話しました »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事