« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

日本テレビの方が取材に見えられました / SUICAでお支払い

Ntv07292011

日本テレビの方が取材に見えられました。
SUICAの使用状況についてのものでした。

せっかっく参加してくださった、
初診の方の後ろ姿を流せなくて、ちょっと残念。
常磐線の話も面白かったのですが。

いつみてもテレビ局のカメラは大きい。
ディレクターさんと音声の方もいらっしゃいました。

TVでは、森永卓郎先生も解説されていたとのことです。

SUICAは開業当初から導入しています。
Suicaterminal 保険診療では、
数百円から数千円のお支払いがほとんどなので、
SUICAの得意な金額におさまっていると思っています。

端末を導入した頃は、まだ始まったばかりで、
そのSUICAのビジョンの
先見性を感じた人はまだまだ少なかったのではないかと思います。

以前、開催されたSUICA記念パーテイーでは、
幅ひろいお店にたくさん導入される予定のことと、
将来のビジョンについてのプレゼンがあり、
非接触型のお支払いシステムの未来を見させていただきました。

小銭を嫌って、デジタルな非接触型のお支払いに
シフトしている方も多くなっている気がします。

Ntv20110729suica スマートフォン内蔵のSUICAでお支払いされている姿を拝見すると、JRがプレゼンされていた未来が実現していると実感しています。

取材に協力してくださってみなさん、
ありがとうございます。
心から御礼申し上げます。

|

長老にお会いしました / 天網恢恢疎にして漏らさず

人生とは不思議なものです。

色々思い悩んでいたときに、
たまたまいらっしゃいました。
不思議なものです。

雷雨の予想がなされていて、
患者さんがすごく少なくて時間があるときに
そんな中、たまたまいらっしゃいました。
ゆっくりお話できました。

丸の内で開業されている弁護士さんから下町の議員さんまで、
地元密着の区役所の方など、幅広い話題で笑わせていただきました。
以前お会いした九段の厚生労働省の方のお話にもなりました。
婦人会や民生の話も面白いものがありました。

世の中をみている長老の目は
天網恢恢疎にして漏らさず、といった趣です。
清冽な水が流れるような時間でした。

豊かな時間が突然流れ始めた時でもありました。
東京医科歯科大学から免状が届いた日でもありました。

NHKを偶然つけたら、クリニカルカンファランスみたいな映像でした。
よく見てみると、指導医は、
30周年記念で講演会をご一緒した先輩の神経内科の池田先生でした
ビックリ!

池田先生は不思議な先生で、
世の中の因習を排除し、真実を愛するフリーダムな方です。

その日の番組は、アルコール多飲者の低カリウム性ミオパチーの話でしたが、
少数の研修医の先生方が正解にたどり着いていました。

ミオグロビン尿の褐色尿がヒビテン色だったのが、
NHKにしてはちょっと惜しかったです。

「龍馬」を読み解く100問 (生活人新書) 「龍馬」を読み解く100問 (生活人新書)
大石 学 佐藤 宏之

日本放送出版協会  2009-12
売り上げランキング : 823327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私の恩師、大石先生が大河ドラマで、
本当に細かいところまで史実にあたり、真実を探求し、
ビジュアルにこだわっていたのを知っているだけに、
惜しいの一言です。
大石先生は、ワープロなどない時代、
一字間違えただけで原稿用紙数百枚を何回も書きなおした伝説を持つ
真摯な方です。

長老や池田先生、大石先生といった
ストイックなそういった方が世の中を支えているのだと思っています。

本当に不思議な日です。

私自身は、患者さん中心の新しい医療を
一歩ずつ謙虚に生きることの大切さを改めて自覚した日でした。
明日は泳いだあと、診療に向かおうと思っています。

|

2011年7月24日 (日)

第40回日本女性心身医療学会で講演会をしました

Jsikouenkai_3

新橋で行われた、
女性心身医療学会で講演会をしてまいりました。

頭痛の中枢感作の大切さをお話ししました。

講演会の後、
幾人もの先生方が質問にいらっしゃって、
有意義なディスカッションをすることができました。

今回の第40回女性心身医療学会のテーマは、
『痛みと女性』とのことですので、
頭痛のテーマは良いものだったのではないかと思います。

できるだけ、丁寧に頭痛のメカニズムをお話ししました。

写真で手にしているのがアップル・リモートです。
キーノートを操作したのですが、赤外線なので
マックブックプロの向きによっては操作できなかったです。
アルミブロック削り出しのむくの美しさがアップルリモートにはあるのですが。

Keynoteremote_2神戸のように、iphoneやipod touchで動くキーノートリモートを使ったほうが、経過時間も見ることができて、
良いようです。
タッチスクリーンをシュッとやるのもページをめくるる感じで、
直観的でスマートですし。

今回の準備をするときも、事務局の人々がマック使いでびっくりしました。
女性の方からは適切なシステム環境設定の設定をしていただきました。
ずいぶん、Macintoshも市民権を得て来ました。
頼もしく思います。

|

2011年7月22日 (金)

ガンシップを作っています / アール・ヌーヴォーの戦闘機  / 駿さんのデザイン / 大切な手紙を送った日

風の谷のナウシカ 03 風の谷のガンシップ 風の谷のナウシカ 03 風の谷のガンシップ

バンダイ  2004-06-23
売り上げランキング : 10791

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

風の谷のナウシカにセラミックでできた、
旧時代の戦闘機が出てきます。

それが、『ガンシップ』です。
もともとは、ベトナム戦争の時に急ごしらえで
輸送機を改造して作られた戦闘機の名前のようですが、
大きな大砲を先頭に持つこの船(空を行く乗り物)は、
『ガンシップ』と呼ばれています。

バンダイがつくり直して、精度が高くなっていたことに、
つい最近気がつきました。

ガンシップの最も美しいところは、
『アール・ヌーヴォー』の美しさと、機能美の合体です。
後輪は、まるで昆虫の産卵管のようです。
美しい。
宮崎駿は機能美を理解する天才です。

芝生で撮影したいので、
天気が回復したところで
続きを書きたいと思います。

そして、今日は一大決心をして、お便りをしたためた日でした。

続きを読む "ガンシップを作っています / アール・ヌーヴォーの戦闘機  / 駿さんのデザイン / 大切な手紙を送った日"

|

2011年7月21日 (木)

今週の週刊文春 / 失われた魂

今週の週刊文春に坂本龍一さんの
すっきりした文章が掲載されています。
シンプルなことなのに、きれいな旋律のような文章です。
彼の音楽に通じるものがあります。

同時に、
燃えるような魂を失った、
メインテナンスすることだけに存在する2世の悲しさも
掲載されています。

新たな世界を開くという魂を礎にした、
クリエイティビティがなければ、
必ずや失速することでしょう。

父がきちんと教えなくては、
情熱や魂は失われることを証明しています。

オンボロのエンジンでも、
それを磨き上げて、操縦しにくい複葉機を
なんとか飛ばし続ける魂が父にはあったのだと思います。
多少の傷や燃料不足などモノともせず。

環境は整っているのに、
与えられなければ、仕事ができない。
前世代の遺産をデフォルメしてしか生きていけない。
自分で切り開いたからこそ手に入れられる
オリジナルのアイデンティティを喪失している。

恵まれるということは失うことなのかもしれません。
守ろうとして与えすぎることは、
次の世代のアイデンティティを喪失させて、
結果として守ることに失敗する。

哲学の喪失とも言えます。

人生を考える上で
とても含蓄深いものです。

|

2011年7月20日 (水)

OSX LION が発売されます / アップルストアがお休みに

新しいOS X LIONが発売になります。

それに伴い、
アップルストアがおやすみモードに入っています。

クリニックのマックが4年経ち、
遅くなってきているので、買い直すことを計画しています。
OS X LIONになると良いと思っています。

週末の講演会もマックで行う予定にしていて、
最近はMacintoshを使うことが増えました。

|

2011年7月18日 (月)

コマンドキーで消える / 焼いた後の名称未設定CD-RやDVD-R

Burn

マッキントッシュでROMを焼こうとすると、
時々、
黄色と黒の円形の“これから焼くファイルです”のマークがROMにつきます。

阪神タイガースのトラのようなマークなので、
勝手に「トラ焼き」マークと呼んでいるのですが。

ファインダー上で、時々、このマークが付いたフォルダが残ってしまうことがあります。
クリックしても選択できないので、お手上げです。

そんな時は、
コマンドボタンを押しながら、ゴミ箱にドラッグすると、
昔、ニュートンでゴシゴシしたときに出てきたような雲みたいなものがでてきて、
ボン、と消すことができます。

オプションキーやコントロールキーなど、
アチラコチラ押しながらクリックしたら、
つまむことができて、助かりました。
マックはだいたいこんな感じなのです。

この雲みたいなものは、
こういったときににしかお目にかかれない珍しいものです。

|

2011年7月17日 (日)

スイマーのための動画

映像と音楽がマッチしていて、
マイケル フェルプスの美しさに見とれてしまう動画は こちらです。

運動強度を上げ続けられるのも、
こういった素晴らしい動画がみられるようになったおかげです。

スポーツカーのように、
機能が優れているものは、
よりシンプルに、
より美しくなるものです。

|

2011年7月16日 (土)

備えあれば憂いなし / 水の用意 / 熱中症のコラムを書きました

最近、気温が高くなっています。
担当している新聞のコラムに熱中症の記事を書きました。

いろいろな面から、
水をストックしておくのは良いことです。
一時期のパニックも収まり、
潤沢に流通しています。

サントリー 南アルプスの天然水 2L 6本 セット×2ケース(12本) サントリー 南アルプスの天然水 2L 6本 セット×2ケース(12本)

サントリーフーズ 株式会社 
売り上げランキング : 1250

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こういったときに、ストックしておくのが良いと思います。

続きを読む "備えあれば憂いなし / 水の用意 / 熱中症のコラムを書きました"

|

2011年7月15日 (金)

ブーズアンドカンパニー:Booz&Co. の方がみえられました

ブーズアンドカンパニー の方がインタビューにみえられました。

医薬品や、医療器具についてのものでした。

医療デバイスや医薬品は日々進化しています。
新しいデバイスを見るも事は、楽しいものです。

こういった他の仕事の会社の方と話すことは、
頭を切り替えることになり、
また、新鮮な気持ちで診療に当たれます。

|

2011年7月13日 (水)

神戸ベイシェラトンホテルのフィットネス&スパのプールについて

Supanoe 先日講演会で、神戸ベイシェラトンホテルにうかがいました。
中に、フィットネス&スパがあり、
いつものことですが、泳いできました。

フィットネスに飾られていた絵。
雰囲気があります。

前回の神経治療学会が横浜で行われた際には、
ランドマークタワーの中にある、横浜ロイヤルパークホテルに泊りました。
この時も、前日の夜と発表の朝、泳ぎました
思い返せば、1年も前になるので、時間がたつのは早いです。

宿泊者はホテル内のプールを使えるので、
そういったときに行っておくのが良いかな、と思っています。
神戸ベイシェラトンホテルのフィットネスは6時半から22時半まで。
プールは22時に上がっておく必要があります。

続きを読む "神戸ベイシェラトンホテルのフィットネス&スパのプールについて"

|

2011年7月12日 (火)

キャッシュ・フォー・ワーク / 三陸のミサンガ

以前、お書きさせていただいたミサンガの続報です。

三陸のミサンガが無事軌道にのって、
うまく離陸できそうだとの報告を受けました。
よかったです。

キャッシュ・フォー・ワーク(cash for work)は、
働く場所、モノづくりの喜び、お金の循環の再開、
なによりも、人々の気持ちを支える観点などから、
災害地の復興に有効な手段と考えられています。

初回は東京のSHIPSでも売られていました。

小さなきっかけが、大きくなっていくように、
頑張って広がっていってもらいたいと願っています。

|

2011年7月11日 (月)

神戸での頭痛の発表会 / 目の前の頭痛を治すことの未来

Koubepresen

神戸のベイシェラトンホテルで、
頭痛の講演会をしてきました。
きちんと、iPod touchのキーノートリモートも動作しました。

Jyunbi 前日の夜の会場の様子です。
裏方さんと、マッキントッシュとiPod touchの設定の調整を行いました。
システムの若者はなかなかの切れ者で、
要領よく、手順を覚えることができました。

当日は300人を超える先生方が集まられたとのことでした。
講師控え室では、坂井先生や間中先生を筆頭に、鈴木教授、荒木教授、五十嵐先生、立岡先生、竹島先生といったそうそうたる重鎮の先生方にご挨拶することができました。

なによりも、今日のお話が出来るのも、
こういった素晴らしい先生方のおかげです。
何年も何年も先生方は頭痛の治療を考えていらっしゃってきたのです。
そういった先生方のご発表の末席で、
少しだけ発表させてもらえただけでも感謝の念が耐えません。

Sheratonkobuebay 本番に向かうエレベーターの中から、
海を見ると、プールで泳ぐ子供たちが見えました。
わずか数十秒のエレベーターの時間に、SADEのLovers Rockにおさめられている“Every Word”が流れていたのは、不思議なことです。

この曲は大切なときに出会うことが多い不思議な曲です。

ドイツから居らっしゃったDiener先生、竹島先生、五十嵐先生がお話されました。
会社の人ですら知らなかったトリプタンの開発の歴史や、
中枢感作、月経関連片頭痛についてのトピックをお伺い出来ました。

獨協医科大学の平田教授、有名な立岡クリニックの立岡先生がお話されました。
平田先生の台風と頭痛の話や、薬物乱用頭痛、
立岡先生が群発頭痛の患者さんをたくさん救っているお話は、
“本当にそうだ”とうなずきながら聞き入ってしまいました。

清水俊彦先生に楽しい司会をしていただき、
末席でお話をさせていただきました。

トリプタンが登場して10年経ちますが、もちろん、
それ以前から頭痛に悩まれている方は多くいらっしゃっいました。
“before and aftrer triptan-therapy generation”とも考えられます。

どうやって治療したらよいのだろう、
何が頭痛診療の未来なのだろう、

ということについてお話ししました。

患者さんのお話を直に先生方にプレゼンしたのですが、
登場された患者さんたちは、
「私達のしたような苦労が少なくなるように、
お医者さんたちにメッセージを送ってください」
とおっしゃっていました。
その気持を伝えなくてはなりません。

続きを読む "神戸での頭痛の発表会 / 目の前の頭痛を治すことの未来"

|

2011年7月 9日 (土)

神戸に移動です

今日は神戸に出張です。
すごく晴れていて、気持ち良い日です。

会場の神戸ベイシェラトンホテルには、
スパにプールがあるので、
水着とゴーグルを持参することにしました。
プールサイドが木のデッキということで、
少し楽しみです。

今日の予演会の後、
明日の講演会の前、早朝に泳ぐことができそうです。

|

2011年7月 7日 (木)

頭痛の講演会 / キーノート リモート / Keynote Remote で行きます

週末、頭痛の講演会でお話しすることになっています。
神戸の大きな会場です。

Apple Remote MC377J/A Apple Remote MC377J/A

アップル  2009-11-30
売り上げランキング : 2321

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ウインドウズのパワーポイントが主流の中にあって、
マッキントッシュのキーノートで発表しようと思っています。
どうも、パワーポイントの“感じ”が美しくない気がするからです。

Keynoteremote 銀色のリモコンのアップルリモートでスライドを送ろうと思っていますが、
もし可能なら、
iPod touchでキーノート・リモートを使おうと思っています。

マッキントッシュをアドホックにしておけば、
無線LANが存在しなくても、コントロールできます。

iPod touch上にスライドが現れるので、
聴衆の方々から視線をそらさずプレゼンすることができます。

キーノートはダウンロードで2000円ぐらい、
キーノート・リモートはなんと115円。

クラウド・コンピューティング サービスといい、
アップルは先頭を走っていて、スマートなところが良いです。

マックはエアマックのバグから、
たまにエラーになって、アドホック化できないことがあるので、
会場のマックがアドホックに出来るかどうかにかかっています。

そういう時には、
銀色の美しいApple remoteの出番です。
キーノートリモートが途中でクラッシュしても、
Apple remoteで途中からハッキングできることも確認しています。

よく出来ています。
さすがアップル。

|

2011年7月 1日 (金)

間中先生のお話を伺ってきました

診療後、喜多村先生が主催されている
頭痛の研究会に伺いました。

頭痛大学であまりに有名な間中先生のお話をお伺いしました。
シャレも多い中に、
最先端のおはなしも混ざっていて、
ホッとする中にピリリとするような熟練のおはなしでした。

慌てて駆けつけたかいのある、
とても有意義なものでした。

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »