« 頭痛とめまい、みみなり/中枢感作 / 脳過敏 | トップページ | やさしいこころ / 予習と備え »

2011年10月 1日 (土)

アイシングの重要性 / 腱鞘炎と関節炎 / 膝、アキレス腱の痛み

人には自己治癒能力があり、
私達医療者はそのお手伝いをするだけです。

悪循環(mal-circulation)におちいっているときに、
その悪循環を裁ち切り、
より良い状態に戻すことしか、
今の医療は出来ないと思っています。

体を動かした後、
人間の体はいたんだところを修復しようとします。
その際、炎症反応といって、行きすぎてしまうこともあります。

患部を冷却することは、
行き過ぎた炎症反応を抑えることにつながります。
ひどい関節炎、腱鞘炎や筋肉痛を抑えることができます。

走り過ぎた後の足首の痛みは、
足首の周りの腱鞘炎や滑膜嚢胞の障害のことがほとんどです。

アイシングによる冷却は非常に重要です。
サポーターを用いれば、他の作業をしながらでも、
冷却することができます。

ザムスト(ZAMST) アイシングサポーター 肘・膝・足首用 IW1 ザムスト(ZAMST) アイシングサポーター 肘・膝・足首用 IW1

ZAMST(ザムスト) 
売り上げランキング : 2140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このサポーターと、

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ M 37810 ザムスト(ZAMST) アイスバッグ M 37810

ZAMST(ザムスト) 
売り上げランキング : 5638

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この氷のうがあれば、
いろいろなところを場所を変えて
アイシングすることができます。

翌日も走るために、
その日の疲れはその日のうちに
とっておくことが大切です。

|

« 頭痛とめまい、みみなり/中枢感作 / 脳過敏 | トップページ | やさしいこころ / 予習と備え »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事