«  日本テレビの取材とマッキャンヘルスケアの取材 | トップページ | 東京医科歯科大学神経内科の会合 / 道川先生おめでとうございます »

2011年12月14日 (水)

Cyberdogのすばらしさ

かつて、アップルはOpen Docという技術を研究していました。
その中のインターネットに関するソフトが
サイバードッグです。

Cyberdog

かわいいですよね。
黒い点みたいに見えるのは、アップルマークです。

インターネットだけでなく、
様々なソフトを一つのウインドウで処理するという技術でした。
ジョブズがいない間でも、アップルはいつでも最先端を走っていました。

デザインとビジョン、
ネゴシエーションはジョブズが作ったもので間違いないです。

だからこそ、今後のアップルにも不安は持っていないです。
ホタテ貝の形をしたシェル型の美しいemateもnewtonも
彼が不在のときのものですが、
その後、引き継がれ成功しました。

クローズド施行のジョブズのきつきつのフロッグ風なデザインに対して、
その頃のアップルのデザインは元禄文化のような、
自由性があるようにも感じています。
フロッグデザイン自体も大好きなのですが。
IIFxと異なりQuadra700がフロッグデザインでないことを、
最近知りました。
それぐらい、融合している訳です。

今、20年ほど前のこのソフトを使っています。

なぜなら、インターネット・エクスプローラーも
ファイアーフォックス・モジラも
icabですら、エラーが出て使えないからです。

サイバードッグはなんと、
現在使われている技術をものともせず、
ほとんどのホームページを文字化けせず読むことができます。

メールのやり取りや動画はむりですが、
ニュースを読むには十分です。

HTML技術だけに支えられたものは、
月日を超えても使える。

つまりは、飾りではなく、
基本がしっかりしていれば、風雪に耐えるということを意味しています。
人々の命を守るという仕事をおろそかにして、
魂を失ってはいけないと思っています。
一歩一歩地道にいくことしかできないのですが、
それが良いのではないかと思っています。

そういう意味でも、
Cyberdogを使い続けてみようと思っています。
私にはそれで十分です。
Cyberdogのインターネットを探しにいくアイコン、
とってもかわいい(ぱみゅぱみゅ風に)ですし。

|

«  日本テレビの取材とマッキャンヘルスケアの取材 | トップページ | 東京医科歯科大学神経内科の会合 / 道川先生おめでとうございます »

17.雑言」カテゴリの記事