« 晴れた日にはユーミン | トップページ | 最初のギターのフレーズが一級 / 人はみなスナフキン »

2011年12月27日 (火)

今年最後の診療の日 / 新たな始まりの日

今日、クリニックにお世話になっている
公認会計事務所の行政書士の三田さんがいらっしゃいました。

クリニックを支えてくださっている永野さんも見えられて、
みんなで大切な書類を作成しました。
エスプリブランの小山さんにもお世話になりました。

今日は今年最後の診療の日でした。
同時に、
新たなクリニックの始まりの日でもありました。

不思議な事です。

「平常心」という言葉があります。
どんなときも焦らない、という意味ではなく、
誠実に謙虚に毎日を大切に生きていく という意味です。

私達は色々なものに軽重をつけて判断しがちです。
また、色々な理屈を付けたがります。

でも、どんなものにも平等に働く重力のような
自然の道理に照らしてみると、
その軽重に意味が無いこともたくさんあります。

大切なものを大切に思う。
大切なものを大切にする。

その基本をいつでも失わないようにしたいと願っています。

年末年始は、
新聞のコラムを書き進めながら、
今年後半の足あとを振り返っていきたいと思っています。

本年度は数多くの方々に助けて頂きました。
本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

|

« 晴れた日にはユーミン | トップページ | 最初のギターのフレーズが一級 / 人はみなスナフキン »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事