« 想定外でも大丈夫なもの | トップページ | アサイー プロテイン / ナルゲンのポリカーボネート »

2012年3月 2日 (金)

リアルな紙面ならではの「手触り感」

120302_093601

今日のSANKEI EXPRESSは表にホンダのスポーツカー
最終面に震災で両親をなくされた学生さんの記事が
掲載されていました。
紙面は涙を誘うものでした。

学生さんは優秀で、総代として学年代表の式辞を読まれたそうです。
彼は、エンジニアとしてスポーツカーの設計に携わりたいとのことでした。

記事の内容が連動しています。

彼がやがて1面のような美しいスポーツカーを設計できるようになるなら、
素晴らしいことだと思いました。

こういった構成は、断片的な情報を扱い、
始まりと終わりがないネットの情報では不可能なもので、
人間の知恵が組んだリアルなものならではの「手触り感」だと思っています。

今日、朝8km以上走りましたが、
路面から伝わる振動や自分の鼓動、息切れ感など
走る動作というものを考えていました。

リアルな「手触り感」が生き物の人間には大切なのだと思っています。

身につけるものの買い物は、ネットショッピングが苦手で、
リアルな物を手にして触れないと買い物ができないという人々は
それを忘れない人たちなのだと思っています。

明日は劇団四季のリアルな人が演じる劇を見に行く予定です。

|

« 想定外でも大丈夫なもの | トップページ | アサイー プロテイン / ナルゲンのポリカーボネート »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事