« ガンバル人は救われる / 睡眠と頭痛 | トップページ | 台湾の医療機関 »

2012年4月 8日 (日)

貴重な朝の時間 / リズムを作る大切さ

長く走れるようになったので、
1日おきぐらいに長い距離を走っていたら
足首に違和感を感じるようになりました。

おかげで足首の解剖や色々な整形外科的疾患を文献も読んで復習したので
ケガの概念や新しい治療法、骨代謝などについて詳しくなりました。

今はもっぱら1−2時間のスイムにしています。
無理は禁物です。遠回りしてしまいます。

今週末は初めて大森の
10kmのファンランのレースに参加する予定です。
ゆっくり適当にピーポくんとガーミンだけを友人に独りで走っていたので、
他の人と走るのが楽しみです。

足の違和感を抱えたままの初心者なので、
無理せずビリ、しんがりの人の後ろをついていこうかと思っています。

仕事前の寒い冬の早朝に10−20km走っていたことは、
良いものを残してくれました。

朝日が街に昇っていく風景のすがすがしさと
頭がすっきりしている間に文字を打ち続ける楽しさと
アルコールを断つ有意義さと
早寝早起きの効率の良さなどです。

朝の運動は、
ミクロ的にはその運動中の規則正しい体のリズムを
マクロ的には一日を通した覚醒と睡眠のリズムを
より巨視的にはその人の人生のリズムを作ることを実感しました。

この時間にはほとんどのスポーツジムは開いていないので、
お金を払うシステムでは実現できないものです。

ウエアとシューズと自律した気持ちさえあれば
プライスレスの時間が待っていることを意味しています。
大切な物はかえってお金が必要ないものに存在するという
「青い鳥」を教えてくれています。

足は順調に回復しているので、
また走れるようになるのを楽しみにしています。

|

« ガンバル人は救われる / 睡眠と頭痛 | トップページ | 台湾の医療機関 »

17.雑言」カテゴリの記事