« どんなときも1つずつ / 80歳の滋養と若者の6文字 | トップページ | NAUSICAA / 衣が青い理由 »

2012年5月11日 (金)

撮影する山岸伸さんを撮影する

新しいポートレートが必要になったため、
早朝、山岸伸さんに撮影をしていただきました。

Yamagishisan1 まずはカメラを調整して、
灯りを整えてくれています。
機材は最新型の一番よいものだそうです。
「古いものはつかえなくなっちゃったなぁ」とおっしゃっていました。

フラッシュや反射板の位置や、
明るさを微妙に調節して下さっています。
フラッシュも反射板もいくつかあるので、
アシスタントさんが一生懸命周りで同時に調節しています。
カメラのレンズの向こうに山岸さんが見える不思議なカメラ。

Yamagishisan2 遠くから撮影している時にはこんな感じ。
反射板がたくさんあります。
スタジオのトビラを開けると
陽の光が入るように設計されています。
朝の風が爽やかです。

Yamagishisan3 近くで撮影するときには、
最新型のポータブルのカメラ。
絞りの動きが見えるので
カメレオンの目のように生き物が瞬きしているようなカメラでした。

反射板を黒いものに変えたりして、
アシスタントの方も素早く周りを整えて下さいます。

ホントに枯れることのないエネルギーを持っていらっしゃるので、
お話すると元気をもらえます。
山岸さん、いつもありがとうございます。

|

« どんなときも1つずつ / 80歳の滋養と若者の6文字 | トップページ | NAUSICAA / 衣が青い理由 »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事