« 走り続けるということ / 日々これ好日 | トップページ | 鹿嶋真弓先生の勇姿 »

2012年9月 9日 (日)

WALK-勉強-RUN / 運動が脳に働く

運動は脳のBDNFを増やしたり、
痛みを抑える物質を増やしたりします。

今日は午前中、歯科医を受診して、
クリニックのあり方を歯科医の先生と話したりしました。
歯周病の成り立ちも。

その後、本郷三丁目での内科学会地方会に伺いました。
Hongoootemachi 興味ある発表をお聴きした後、
大手町で開催される生涯教育プログラムに参加しました。
本郷三丁目から大手町は2.5kmぐらいなので、
ゆっくり歩きました。

生涯教育プログラムは『てんかん』のプログラムで、
とても有意義なものでした。
小児のてんかん、成人のてんかん、
意識消失発作や痙攣ではない高次機能障害を主訴とするてんかん、
治療薬の選択など勉強になるものでした。

久しぶりに昭和大学の河村先生の『河村節』をお伺いしました。

Koukyo20120908_234718 その後、ランニングウエアに着替えて大手町から走って帰りました。
美しい画像を撮影することができましたが、
てんかんの勉強内容と画像は後日。

スーツや資料をふくめ、6kgのリュックを背負って走りました。
重たいものを背負って走るというのは良い経験です。
走っている最中、生涯教育プログラムの内容が再生されたのには
驚きました。BDNFが出ているのだと思います。

今日は、クリニックの診療へのヒントを
沢山頂いた日でもありました。

風邪気味だったので、どうなるかわからなかったけれども、
走りきったら治っていて、
あきめてはいけないということも学びました。

本郷三丁目ー御茶ノ水ー大手町ー皇居ー市ヶ谷ー新宿と
東京は狭い中に変化に富む風景を含有していることを
実感しました。

|

« 走り続けるということ / 日々これ好日 | トップページ | 鹿嶋真弓先生の勇姿 »

05.ランとスイム 」カテゴリの記事