« 先日の収録 / 臨床栄養学会 | トップページ | 栄養学の未来 / 肥満の分子生物学 »

2012年10月 7日 (日)

臨床栄養学会/蛍群舞満天星になりにけり

今日は臨床栄養学会総会があり、
朝から夕方までびっしりと栄養学を学んできました。

管理栄養士さんたちとお話しながら、
色々学べるのはとても有意義なものでした。

特に東京医科歯科大学の分子医療代謝学の菅波先生からは
異所性脂肪組織がひき起こす慢性炎症についてのメカニズムを
詳細に系統だって教わることができました。

さらに、講演会の遠い場所で拝見するだけだった住友病院の松沢先生にお会いしてご挨拶できました。アディポネクチンと運動の話はとてもためになりました。

人間栄養とレギュラトリーサイエンス―食物栄養学から人間栄養学への転換を求めて 人間栄養とレギュラトリーサイエンス―食物栄養学から人間栄養学への転換を求めて
細谷 憲政

第一出版  2010-03-30
売り上げランキング : 229828

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お気に入りの本の著者の、本物の細谷憲政先生にもお会いしました。
持っていればサインしてもらえたのに・・・
怖いけれどもとても良い先生です。
塚越初代教授や古川先生に通じるものがあります。
正しくて真摯だからこそ、常に真剣勝負。

Hosoyadr_2 眼光鋭く、本物を追求される素晴らしい先生でした。
道を極めた先生方は皆さん同じ光を放っています。

栄養学150年の歴史を俯瞰させていただき、
最新の管理栄養学に触れることができたのは財産となりました。
LCMDもさらに性能をあげて前にすすめることができます。

その後、俳句のお師匠さんをお見舞いに行きました。
看護師さんは偶然、以前B11の神経内科にいらっしゃった方でした。
不思議な夜です。

主宰に直してもらった
蛍群舞満点星になりにけり

の俳句を夜空を眺めながら繰り返し思い出していました。

「足を踏み出したらわーっと蛍が足元から舞い上がって、
まるで満点星の中にいるような感覚だった」
ということをお伝えして添削していただいたものです。

元々の私の散文的な凡庸な句を、
印象を結晶化した句に昇華させる魔法は主宰の比類なき力です。

沢山の思い出の情景を思い出しながら、
あふれる感謝の念とともに俳句をそらんじて
クリニックまで歩き続けました。
蛍を想像しながら、ゆっくり一人で歩き続けました。

|

« 先日の収録 / 臨床栄養学会 | トップページ | 栄養学の未来 / 肥満の分子生物学 »

03.絵/詩/俳句/芸術」カテゴリの記事

10.代謝病 / 栄養運動医療アドバイザー」カテゴリの記事

17.雑言」カテゴリの記事