« 栄養学の未来 / 肥満の分子生物学 | トップページ | 2つの大きな出来事の日 / イノベーションの日 »

2012年10月 8日 (月)

山中先生が受賞されました / テロメアとの関係 / 全力で支えるべき

山中先生のiPS細胞でノーベル医学生理学賞を受賞されました。

本当に喜ばしいことです。

先ほどTVで仰られていましたが、
日本政府が支援してきた金額はわずか20億円に過ぎないとのことです。

数兆円を超えるいろいろな無駄遣いが週刊誌を賑わせています。

世界の人々の疾患の治療を支える頭脳を支援しなくて、
何が日本の未来でしょう。
オリンピックの選手たちの金銭的な苦悩も報道されています。

日本は国として、グローバルな真のイノベーターたちを
持続的に支援するメカニズムを構築することでしか生き残っていけないと
感じています。

基礎研究でひたむきにご苦労なさってきた先生の受賞が、
日本が医療技術の輸出国となることにつながっていくことと、
医療技術のイノベートに命を捧げている国内の先生たちの
現実的な問題を少しでも和らげることにつながっていくことを願っています。

先日お伺いした体細胞に発現するテロメアは、
実は深いところでiPSとつながっています。
どちらも「細胞の不死と再生」でつながっているからです。

この細胞内のメカニズムを考えることは、
アンチエイジングと呼ばれる一連のあやしいものではなく、
命とは何であるか 
という命題にたいするサイエンティフィックな答えを用意する物かもしれません。

若者の嗅覚は、まったくもって
あなどれないものです。

山中先生の受賞の報道とテロメア発表のお話をお伺いしたことで、
急遽コラムの記事を差し替えることにしました。

|

« 栄養学の未来 / 肥満の分子生物学 | トップページ | 2つの大きな出来事の日 / イノベーションの日 »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事