« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

本来の新鮮なオリーブオイルの味 / オレオカンタールの苦味と辛味 / 地中海食

新鮮で本当のエキストラバージン・オリーブオイルは、苦味や辛味があります。
例えば、オレオカンタールというイブプロフェン類似COX阻害作用を持つ微量成分は、喉の奥への独特の辛味を持ちます。喉にあるサブスタンスP受容体との関連などを考えると面白い話です。オリーブオイルの優位性は、化学構造を示して、物質が同定できない怪しげなサプリメントとは一線を画します。

Oliveoilseijyo 最近では、成城石井さんで期間限定で販売しているこのオリーブオイルがとても新鮮で、苦味と辛味から本物のエキストラバージンオリーブオイルではないかと感じています。

特にフレッシュな「果実香」を感じるオイルにはなかなか出会えません。

このオイルの農家のEmilio Bartoliniは上記の動画で見ることができます。
ラベルに描かれたオリーブの樹がまばらで、古来から良い環境で育てていることを示しています。オリーブには種類があって、渋みと辛味のあるものも多く有るらしいです。成城石井さんのラベルはイタリアで貼られるらしい

今季、間違いなくトップレベルのエキストラバージンオイルだと思います。
これと、「エキストラバージンオリーブオイル」として特売で売られているオリーブオイルを比べると違いがわかると思います。クセのない物が必要なときには、使い分ければ良いと思っています。

けれどもオレオカンタールが必要なときには、本物が必要です。

|

2012年11月28日 (水)

シチリアのオリーブオイルと塩 / 11度もある

明日、朝日を浴びて走りたいと思っています。

Scitiliaolive 最近は帰るのがとても遅くなっているのですが、
色々なオリーブオイルにイタリアの塩をいれただけのものに、
フランスパンなどをディップして食べています。

オリーブオイルにも胡椒のようなスパイシーなものを感じるものがあります。
良いオイルは元気いっぱいのほうれん草を食べている様な野菜を感じます。
ワインが好きな人は、オリーブオイルにも気を使うべきです。

日本の美味しい旬の魚の刺身にオリーブオイルかけて塩を振り、
少しだけ山椒をまぶせば、世界一のコールドディナーになります。

今の東京の朝は11度もあります。旭川はーでした。
楽しく走れるはずです。朝日の中走ってみようと思っています。

|

地中海食に重要なオリーブオイル / オリーブの木

メタボリックシンドロームの解決には食が基本です。
LCMDに用いている地中海食にも豊富に使われます。

エキストラバージンの嘘と真実  ~スキャンダルにまみれたオリーブオイルの世界 エキストラバージンの嘘と真実  ~スキャンダルにまみれたオリーブオイルの世界
トム・ミューラー 実川元子

日経BP社  2012-11-22
売り上げランキング : 2560

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

古来からのオリーブオイルは様々な用途に重用されてきました。
この本には偽装されたエキストラバージン・オリーブオイルが多いことが示されています。

オリーブは果汁そのものがオイルになるため、オリーブの質自体が重要です。
最近、色々なオリーブオイルを購入して、比べたりしています。
読み応えのある本です。

オリーブの木は重要なもので、農家の方々に大切にされてきました。
希釈された品質の劣るオイルによって劣勢に立たされましたが、
質の高いオイルの啓発により復活しつつあります。

この本を読むと、手塩をかけた本物のオイルの意味を理解できます。

|

2012年11月18日 (日)

がん治療 / iPS治療 / メタボの治療 / 創薬大国に最も近い日本

私は4年前、著書の最後の章に「日本の創薬の未来」という文章を書きました。
既に市場に出ている薬についてではなくて、ページ数も多いと言われましたが、どうしても書き残しておきたくてお願いした章でした。

なぜなら、日本人は世界の創薬の中でも画期的な発見を何度も行いながら、
その実を自分たち自身が手にすることはかないませんでした。
その後、日本はハードウェアの輸出やハコモノに偏重し、
創薬のようなソフトウエアの重要性を忘れて行ってしまい苦境に陥っています。

創薬やソフトウエア開発に莫大な資金と人材を国家プロジェクトとして投資を行い、何倍もの売上を世界で上げていく国。その一方で、国際共同治験にすら乗り遅れる日本医療への癌研の先生の嘆きと苦言をお書きいたしました(p.250)。

知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165) 知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165)
大和田 潔

祥伝社  2009-07-28
売り上げランキング : 93812

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それでも、最後にこう結びました。
(医療は金食い虫ではなく、例えば)「薬産業はその国の人々を健康にしながら、雇用や利益を生み出す産業でもあります」と。

今でもそう思っています。

日本のガン治療のペプチドワクチンの開発がブレークスルーになり、
熾烈な競争が始まっていることをNHKが特集していました

私が著書を書いているときには、がん免疫療法には否定的な論文が多かった時期であったため、山中先生のiPS細胞(p.244)と分子標的薬(p.193)について触れるだけにとどめました。従来のがん免疫療法とは異なる、最先端のがんワクチンのイノベーションを垣間見て、この世界のスピードの速さに感動しました。

日本にはiPS細胞のノウハウも、アディポサイトカインのノウハウもあります。

がん治療、再生医療、メタボリックシンドロームの治療という物すごく良質なシード(種)植えられているのです。なんと素晴らしいことでしょう。どの国ものどから手が出るほど欲しい物ばかりです。

医療費亡国論とか仕分けといった後ろ向きな考えではなく、
是非、国家プロジェクトとして
これらの種へ適切な水と温度と光を与えていただき、
大きな樹に育ててもらいたいものです。

今あるものを削ったり、否定したりするのは簡単なことです。
今無いものを創り上げていく努力こそ、人間の知性です。

日本の未来はそこにあります。
ハイブリッドになった車やインバータを搭載した白物家電ですら、
今後ソフトウエアがキーを握ることでしょう。トロンだけではなく。

いままで苦手だったら、失敗に学んで上手になればよいだけです。
自分たちの手で
元気よく未来を変えて行きましょう。

医療先進国、医療のイノベーション大国になるのは今日からでも遅くありません。ビジョンを持ち形に出来る力を持つ方々に期待したいものです。

今後、メタボリックシンドロームの治療では、血糖降下薬、高脂血症薬や、降圧剤は脇役に転落することでしょう。そして、メタボリックシンドロームの主役である食欲や代謝効率を指令している脳に働く薬、アディポサイトカインとして働く薬が主役となるでしょう。

糖尿病になる人 痛風になる人(祥伝社新書297) 糖尿病になる人 痛風になる人(祥伝社新書297)
大和田 潔

祥伝社  2012-11-02
売り上げランキング : 45974

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いち早く、メタボリックシンドロームに重要なのは、脳とアディポサイトカインであることを記しておきたくて、未来の治療が進む方向を記すといった側面からこの本を著しました。メタボリックシンドロームの治療の未来は必ずそういった方向に行くはずです。

幸い、そういった未来の薬が開発される前でも、メタボリックシンドロームに関しては、自力でなんとかできることに救いがあります。そこで、適切なメソッドも著しました。

続きを読む "がん治療 / iPS治療 / メタボの治療 / 創薬大国に最も近い日本"

|

2012年11月17日 (土)

頭痛学会総会と山岸伸さんのトークショーの日 / トリトリ体操

ダイエットを脳とアディポサイトカインから未来のメタボリックシンドロームの治療の方向性に斬り込んでいいった、最近出させていただいた「糖尿病になる人 痛風になる人」は無事よく売れているらしいです。患者さんにも、自分にも有効であった運動の仕方や、頭痛に有効なトリトリ体操のこともおかきしています。

今日は頭痛学会総会の発表の日でした。
子供たちに朝に頭痛トリトリ体操をしてもらうこと、つまり、
サーカディアンリズムを作り運動による脳環境の整備が、
頭痛や不眠を改善する ということを発表いたしました。

トリトリ体操は「およげたいやきくん」や「いっぽんでもニンジン」の作曲家の佐瀬寿一さんに曲を作ってもらっています。子供たちに運動してもらうことが、医療機関に関わることを減らせるかもしれないからです。

小さな部屋のポスターセッションながら、
発表後もたくさんの先生から質問を頂き、ありがたい時間を過ごしました。

こんなに子供たちが起立性調節障害の名のものとに薬漬けになっている世の中がおかしいと思われている先生がいらっしゃるなんて、心強い限りです。タクシーの時間が迫っていて、皆さんのお話しを短くしてしまって申し訳ありませんでした。

子供たちを守るのは環境を整える重要性と、専門家ほどは分からないけれども発達障害や精神障害も考慮にいれる、すそ野を超えた小児科の先生方の判断力だけだと信じています。

続きを読む "頭痛学会総会と山岸伸さんのトークショーの日 / トリトリ体操"

|

カウボーイ ビーパップ / 新書で紹介した番組

新書の中でカラバリ豆のことをお話ししたアニメが放映されています。

知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165) 知らずに飲んでいた薬の中身 (祥伝社新書165)
大和田 潔

祥伝社  2009-07-28
売り上げランキング : 39469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カウボーイビーパップという番組で深夜にも関わらず力が入っています。

真実を知る人はいっぺんに食べて嘔吐し、
そうでない人は徐々に食べるので、中毒を起こす

そういった先駆的なセリフを教えてくださった番組です。
引用をお願いし、許可を得て本をおかきしたことが懐かしいです。

また番組に出会えて嬉しいです。

明日は仕事ですが、時間が許せばQを観に行こうと思っています。
スタンディングオベーションで無音でお送りすべきだと思っています。
中の人の想いを尊重すべきだと思っています。

|

2012年11月16日 (金)

秋葉原の空 / ビルと空が一つになるとき

Akibasora3_2 秋葉原は色々な表情を見せてくれます。
今日は空に鮮やかに雲が浮かんでいて、ゆっくり流れていきました。
その空がビルのガラスに写って、一体化していました。

Akibasora2_2街が見せる違った印象というのは不思議なものです。

Akibasora1_2 だんだん冬になっていきますが、それはそれで空も街も変化していく美しさを感じる機会が増えるということだと思っています。

|

2012年11月15日 (木)

頭痛学会総会での発表 / 早寝早起き、トリトリ体操と頭痛

Photo_7 今週末、頭痛学会総会があります。
忙しい中、がんばってポスターを作りました。

Kinkos2012_2 昼休みのわずかな時間に、
KINKOSに走ってポスターを取りに行ってきました。

サーカディアンリズムや体操と、頭痛についての発表をする予定です。
寝不足、長寝はどちらも頭痛の要因になります。

早寝早起きと運動は健やかな体に必須のものです。

昨日は診療後にω3レシピの相談をしました。
毎日ひとつずつやるべき事をやっていくことが大切だと思っています。

|

2012年11月13日 (火)

大統領の寄稿文 / あらたなプラットフォームの重要性

こちらにオバマ大統領の寄稿文が掲載されています。

「国難をイノベーション(変革)で乗り切っていこう」という希望にあふれています。
新しいものを創って、新しいビジョンを作り出し、
ワークスペースやエコシステムな仕組みを増やそうというステートメントです。

振り返って、私達の代表者たちはどうでしょう。

未曽有の大災害に割り振られたお金は、あっという間に雲散霧消しました。

あらたなプラットフォームを作り出す良い機会だったと思うと、本当に残念なことです。
こういった面はアメリカをとてもうらやましく思います。

|

2012年11月11日 (日)

ω3と運動 / 魚介類の季節性とロングスローディスタンス / ニュートン・シューズ

昨日はロングスローディスタンスの可能性を広げた日でした。
Sunny11102012 晴れた日でしたので、心拍数をLT値をあげない程度に12kmほど走りました。

Newtonshoes_2走る姿勢を久しぶりに確かめてみたかったのでニュートンで走りました。バッタ色なので、グラスホッパーと呼んでいます。ニュートンは前の方に猫の爪のようなソールがあり、うまく走るとヒョウのようなネコ科の動物になったように速く走れる気持ちの良いシューズです。 

ランの間に2時間半のゆっくりしたスイムを入れて、「ゆっくりバタフライ」を混ぜながら3000m泳ぎました。泳法はどんなものであっても、スイムにもロングスローディスタンスを作ることができて、そのコツは試行錯誤してマスターしました。ストリームラインをイメージして、マグロの様に抵抗を減らす工夫が大切です。泳いでいるときにも心拍数を感じて確認していけば疲れません。

泳いでいるときに、右足親指がつり始めたのでバタ足でわざと左足を右足親指に触れるようにして、泳ぎながらストレッチしました。次いでしばらくすると右足のふくらはぎがつったのですが、左足と両腕が残っていたので泳ぎきりました。

大きな筋肉がつると結構痛いのですが、攣縮でなければ何とかなります。筋肉の「つり」にも種類が有るのですが、現状を生理学で理解できるのは結構良いものです。

重要なことは運動の最初の30分ぐらいで糖分は使い切っていて、その後は脂肪酸分解によるエネルギーに切り替わることです。糖分が著減している状態なので、LT値以上の運動は避けるべきものになります。運動の生理学の基本です。

夕食はシーズンのカサゴを紫蘇油とオリーブ油をかけながら素揚げしました。
北海道のマツカワというカレイも良い季節で珍しいので刺身にしました。魚屋さんに余っていた紫蘇の実をつけてもらいました。ちょっとだけω3追加。

帰りのランには影響はありませんでした。面白いことです。
着地するたびにアキレス腱が伸びるので、繰り返し回復していたものと思われます。スイムで足がつったからといって走れないわけでは無いことが分かります。

食と運動は両輪です。

続きを読む "ω3と運動 / 魚介類の季節性とロングスローディスタンス / ニュートン・シューズ"

|

2012年11月10日 (土)

顔の痛み、歯痛と片頭痛 / 医科歯科合同 第一回慢性疼痛カンファランス

Toyofukudr 先日、歯学部教授の豊福先生に歯痛についてのご講演を頂きました。
歯科医師さんは、衛生状況の悪かった昔は虫歯の予防と治療が主でしたが、最近では歯科矯正やインプラント、特殊な歯周病予防などの審美歯科として付加価値の高い治療にシフトしつつあります。

ところが、虫歯でも咬合の問題でも、顎関節症でもない、
「歯痛」、「アゴの痛み」、「顔の痛み」の治療となると、
とたんに専門の先生が少なくなってしまいます。

一つには、お話や内服治療が中心となり審美歯科的な歯学治療の出番があまりないため、経済学的に成り立たないことがあげられます。
もうひとつは、慢性疼痛の治療のすそ野に位置する事になるわけですが、そういった「アカデミックな素地」が歯科にも医科にもまだ不十分な点があります。

Photo 豊福先生と共同で片頭痛の治療を加えることで、歯痛を改善することができた患者さんが増えています。慢性疼痛の神経生理学の面からも大変興味深いことです。

今回集まってくださった吉川先生や、豊福先生の講座の梅崎先生をはじめとした若者たち、日大麻酔科の勝田先生、色々なところからの薬剤師さんなど、垣根を超えた方々が集まってくださいました。

患者さんをより良く治療するために、集学的でアカデミックな第一回の合同カンファランスが開催できたことは大きな一歩です。

先日はITのカンファランスで垣根が取り払われて、新たな未来の地平を垣間見た気がしました。今回もまた、晴れた日にキラキラ輝く穏やかな海のような、もう一つの海路が開かれた気がします。

薬剤師さんの中に、日経DI(ドラッグインフォメーション)で連載していたことを憶えていらっしゃった方がいて感動しました。DIに規則正しくコラムを書くという経験は、サンケイエクスプレスにコラムを数年に渡り連載し続けるという体力につながりました。

コミュニケーションこそが未来をイノベートし続けると信じています。皆さん、今後ともよろしくお願い申し上げます。
豊福教授、本当にありがとうございました。

|

頭痛が増えた日

ここのところ、
これまで頭痛のコントロールの良かった方々に強い頭痛が起きています。

不思議なことは重なることです。

くびや肩が痛くなっても、
突発的なものは片頭痛によるものです。

慌てず片頭痛の専用の薬で改善します。
天候不順は無いのに不思議なことが重なることもあるものです。

|

2012年11月 4日 (日)

ITを使った医療のイノベーション / サステイナブルとエコシステム

20121103_72634代官山でアジャイルプロセスについての知のフリーマーケットという カンファランスがありました。代官山駅を出ると、ドロップコーヒーを入れてくれる移動バスがあり入れてもらいました。Photo_2Photoコルドンブルーを抜けるとヒルサイドテラスは直ぐです。代官山は渋谷からも直ぐなのに、落ち着いていてきれいな場所です。
Sarugakuduka_2 猿楽塚にお参りして会場に向かいました。
野口さん、高柳さんのオープニングに続き、大槻先生から新ソフトウエア宣言などについてのご説明がありました。

私はマインドマップ班に入り、視覚会議の山本さん指導のもとに早速来週の仕事について図をつくりました。Mindmap思考過程を可視化してきっかけを与えるだけで、新たな可能性を引き出せることに気づけたのは良い経験となりました。

Daikanyamalunch お昼時間になったので、ランチに出ました。
散歩には調度良いお天気になりました。

続きを読む "ITを使った医療のイノベーション / サステイナブルとエコシステム"

|

2012年11月 2日 (金)

知のフリーマーケット2012 / プレゼンファイル / 新書到着

明日は知のフリーマーケットの日です。
テーマはアジャイル&リーンスタートアップ。
最初、暗号のようで、何をいわれているのかさっぱり分かりませんでした。
夜明けに起きて走る前に少しの時間を作ったり、電車の移動時間で、集中的に2週間予習しました。

Photo 技術評論社の編集長、野口さんに誘われて行くことにしました。
どうしてもIT系の人に伝えたいことがあり、プレゼンファイルを作りました。
iPodTouchと超小型プロジェクターの組み合わせで代官山ヒルサイドテラスの白い壁に写せればよいのですが、無理なようでしたら、この紙芝居で行こうと思っています。配布用の資料も作りました。

糖尿病になる人 痛風になる人(祥伝社新書297) 糖尿病になる人 痛風になる人(祥伝社新書297)
大和田 潔

祥伝社  2012-11-02
売り上げランキング : 38237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんと偶然、本日、新書の見本の本が届きました。明日、会場で数冊皆さんにお渡しすることができそうです。編集長さん、ありがとうございます。

9月に、品川のお医者さんがたへのプレゼンでも、念の為に自分で用意したエクイップメントで危機を回避して、良いプレゼンテーションが行えました。プレゼンは一期一会なのでリスクヘッジは重要です。

知識創造経営のプリンシプル―賢慮資本主義の実践論 知識創造経営のプリンシプル―賢慮資本主義の実践論
野中 郁次郎 紺野 登

東洋経済新報社  2012-03-30
売り上げランキング : 25397

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リーンスタートアップの本を読み進んでいたとき、NHKの日本復活のシナリオを見ました。その中に登場されていた野中先生の本を読みたくなり購入しました。すると、この感動的な本に、偶然、「アジャイルプロセス」についての記載があり、色々なことが瓦解しました。

私は、知のフリーマーケットを支える方々が、リーンスタートアップとアジャイルを結びつけた知性に感服しています。なぜならば、両者ともお互いがお互いを支え合いながら、イノベーションに必須のものだからです。これからのお仕事は社会善を考える哲学が必要です。

こういった知のエコシステムを作成している方々に支えられているからこそ、未来を紡いでいけるのだと感謝しています。明日、たぶん、また何かをイノベーションするためにピボットする日になる気がします。

まだ見ぬ皆様、明日お会いする方々、よろしくお願い申し上げます。

|

2012年11月 1日 (木)

もうすぐ新書が発売されます / 「糖尿病になる人痛風になる人」

もうすぐ新しい新書が発売されます

20121101_41244


脳と体のやりとりを理解する大切さや、
採血のデータに一喜一憂するよりも
体作りすることの大切さ をご説明しました。

沢山の先生にご協力いただきました。

よろしくお願い申し上げます。

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »