« 頭痛が増えた日 | トップページ | ω3と運動 / 魚介類の季節性とロングスローディスタンス / ニュートン・シューズ »

2012年11月10日 (土)

顔の痛み、歯痛と片頭痛 / 医科歯科合同 第一回慢性疼痛カンファランス

Toyofukudr 先日、歯学部教授の豊福先生に歯痛についてのご講演を頂きました。
歯科医師さんは、衛生状況の悪かった昔は虫歯の予防と治療が主でしたが、最近では歯科矯正やインプラント、特殊な歯周病予防などの審美歯科として付加価値の高い治療にシフトしつつあります。

ところが、虫歯でも咬合の問題でも、顎関節症でもない、
「歯痛」、「アゴの痛み」、「顔の痛み」の治療となると、
とたんに専門の先生が少なくなってしまいます。

一つには、お話や内服治療が中心となり審美歯科的な歯学治療の出番があまりないため、経済学的に成り立たないことがあげられます。
もうひとつは、慢性疼痛の治療のすそ野に位置する事になるわけですが、そういった「アカデミックな素地」が歯科にも医科にもまだ不十分な点があります。

Photo 豊福先生と共同で片頭痛の治療を加えることで、歯痛を改善することができた患者さんが増えています。慢性疼痛の神経生理学の面からも大変興味深いことです。

今回集まってくださった吉川先生や、豊福先生の講座の梅崎先生をはじめとした若者たち、日大麻酔科の勝田先生、色々なところからの薬剤師さんなど、垣根を超えた方々が集まってくださいました。

患者さんをより良く治療するために、集学的でアカデミックな第一回の合同カンファランスが開催できたことは大きな一歩です。

先日はITのカンファランスで垣根が取り払われて、新たな未来の地平を垣間見た気がしました。今回もまた、晴れた日にキラキラ輝く穏やかな海のような、もう一つの海路が開かれた気がします。

薬剤師さんの中に、日経DI(ドラッグインフォメーション)で連載していたことを憶えていらっしゃった方がいて感動しました。DIに規則正しくコラムを書くという経験は、サンケイエクスプレスにコラムを数年に渡り連載し続けるという体力につながりました。

コミュニケーションこそが未来をイノベートし続けると信じています。皆さん、今後ともよろしくお願い申し上げます。
豊福教授、本当にありがとうございました。

|

« 頭痛が増えた日 | トップページ | ω3と運動 / 魚介類の季節性とロングスローディスタンス / ニュートン・シューズ »

02.頭痛」カテゴリの記事