« リストのピアノ曲 / Le mal du pays | トップページ | ω3サンドイッチを撮影する日 / 朝日の中で »

2013年4月22日 (月)

夏の俳句 / 主宰に捧ぐ

「あした」のために夏の句をつくりました。

星落ちて天蓋満る夏銀河  優仁

人は動くものは気になるのですが、
その背景にはあまり注意を払っていないことがよくあります。

ある夏の夜、空を見ていたときに、偶然、
流れ星がキラキラと落ちていったことがあります。

流星が落ちていったあと、
まだ夕方の余韻をもっている夏の夜空をそのまま仰ぎ見ていたら、
たくさんの星々が静かに空を満たしていました。

暑い昼間がいったん終息して
涼しさが混じりはじめた風の中で、
その星々の美しさは筆舌に尽くしがたいものでした。

先生も空から僕たちを眺めていることでしょう。
教わった作法を思い出して、
自然の姿に自分の気持ちをのせて句にすることは、
主宰にお便りを返している気持ちになります。

|

« リストのピアノ曲 / Le mal du pays | トップページ | ω3サンドイッチを撮影する日 / 朝日の中で »

03.絵/詩/俳句/芸術」カテゴリの記事