« 堀江社長と再会 / 進化したチタン | トップページ | spiber / クモの糸を合成 / 不可能だと思わない力 »

2013年5月24日 (金)

オメガ3の優位性 / 低炭水化物地中海食 / 良い塩梅の糖質

「糖尿病受療率が全国1位! 香川県民を悩ます“うどん食べすぎ問題”とは?
という記事が掲載されました。
炭水化物過剰なのが糖尿病発症の引き金になっているのでは、という話題です。
うどんにおにぎりを乗せて食べたりしているとのことです。

同時に、「糖質制限食「勧められない」 日本糖尿病学会、タンパク・脂質増で健康懸念」 とも言われています。
アスリートは糖質を取らなければ運動を継続できません。糖質を極端に制限することは避けたほうが良いと思っています。

また、魚介オリーブオイル、ナッツの地中海食の有用性が再度、NEJMに掲載されました。

私はこう考えます。
人それぞれ代謝系が異なっているので、それを理解し、代謝系に沿った食事を摂るべき と。

いつもの食事が炭水化物に偏り過ぎで肥満で耐糖能障害があるなら、糖質制限は高インスリンを改善するためにも良いかもしれません。それでもステーキ食べ放題で良いわけはなく、総カロリー制限は必要です。飽和脂肪酸は体にも、血管にも蓄積しやすい。

筋肉にGLUT4がたくさん発現していて、糖代謝回転が早い人には糖質制限をつづけることはメリットよりもデメリットの方が多いでしょう。

糖尿病になる人 痛風になる人(祥伝社新書297) 糖尿病になる人 痛風になる人(祥伝社新書297)
大和田 潔

祥伝社  2012-11-02
売り上げランキング : 150702

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

継続してスリムな体を維持するには、私が勝手に「低炭水化物地中海食LCMD」と呼んで拙書でも紹介した食事が良いと思っています。運動量に応じて炭水化物比や摂取エネルギー量を変化させれば良いのだけです。

人間の体は生き物なのでよくできていて、何かを食べていれば必要な物を体内で合成して生きて行けます。けれども、人はそれぞれ異なる合成系の許容範囲を持っています。私は、自分の許容範囲を超えての栄養のバランスの悪さが、寿命を縮めることになると考えています。

しなやかで健康的な強い体を維持するのが目的なら、植物や魚介の多い和食にもつながるLCMDが最適ではないか、と考えています。

食事や健康は世界的に共通なもののはずです。和食、地中海食、よく似ています。

糖質制限や糖質過多を抽象的に考えることはあまり意味がなく、アディポサイトカインとインスリン抵抗性を中心としたその人の代謝回転を理解することが重要。

オメガ3はその両者を改善させます。

|

« 堀江社長と再会 / 進化したチタン | トップページ | spiber / クモの糸を合成 / 不可能だと思わない力 »

09.ダイエットの話題」カテゴリの記事