« 若い医師たちは希望 | トップページ | 東京医科歯科大学神経内科は多様性を愛する「高機能な高分子化合物」 »

2013年7月 8日 (月)

東京に熱波 / 若者たちが帯びる熱意

東京に熱波が来ています。
少し涼しくなった午後に短時間だけジョギングしました。

Nessa こういった暑い日にはトレーニングを控えた方がよいでしょう。
熱中症は知らずに体をむしばんでいきます。

私は真夏にキャメルバックを背負って走るために少し準備をしています。
熱耐性と勝手に呼んでいる能力をたかめるために、少しずつ体を慣らす必要があります。けれども、こういった時には休むことも重要です。

4km離れたプールに走っていき、少し泳いで走って戻る。
それから診療に臨む、ということを去年実現しました。

今年も実現したいのですが、あせりは禁物。

本格的に夏がやってきました。
昨日の若者たちの真摯な話は、真夏の熱気のような熱意がありました。

そして、彼らのストーリーをよいストーリーに変える「触媒」が必要なのだと、
心の底から感じました。もったいない。


医局の持つ意味を繰り返し考えていました。

若者は希望。
大切に守り育てなくてはなりません。

|

« 若い医師たちは希望 | トップページ | 東京医科歯科大学神経内科は多様性を愛する「高機能な高分子化合物」 »

05.ランとスイム 」カテゴリの記事