« 秋葉原の朝 / 静かな街 | トップページ | 海ぞいの山から朝日を望む »

2013年8月17日 (土)

降りそそぐ雷 / CumulonimbusよりThunderhead

Thunder33

突然くもりだし、雷が鳴りだしました。
どこに落ちるということなく、空全体が光っていました。
雲の中で、雲から雲へ放電を繰り返しています。

このことを雲間放電、cloud to cloud lightningと呼びます。
積乱雲の真下にいて、雲の静電気が急速に蓄積されていることを意味しています。
たまっては落ちる。

偶発的に広い雲の面積から地面に垂直に落ちてきました。
雲全体からランダムに雷が雨のように降り注ぐ感じです。

Thunder2_2
木々にも、町にも落ちてきます。

稲光も音も連発で落ちてきます。
屋内に逃げるのが一番です。Thunder5

後で写真を見てみると、らせんを描いたり、いろいろな形に変形している。先発隊の電子が通りやすいところをぬって落ちて、そのあと大きな流れが来るのかもしれない。
Thunder4 そのあとものすごいストームになりました。
積乱雲はcumulonimbusといいます。稲光が落ちてくるこのような状態は、thunderheadのほうがぴったり来ます。

夏の雷。そして、夏の雨。
夏も終わろうとしています。

|

« 秋葉原の朝 / 静かな街 | トップページ | 海ぞいの山から朝日を望む »

17.雑言」カテゴリの記事