« 国立埼玉大学附属中学校での講演会 / 最後の夏の宿題 | トップページ | ケネディ大使の言葉 / 「水は流れても川は残る」 »

2013年8月30日 (金)

学研の方が取材に見えられました / サーカディアンリズムを知る / ガイドになる方々

Gakken2013 学研の方が取材に見えられました。

体を支えるサーカディアンリズムをきちんと考えると、
効率の良い勉強方法が見えてきます。

受験も、今後大人になった後に繰り返しやってくる仕事の波をうまくマネジメントする最初の作業だと思えば、また違った面から見えてくるものもあります。

走ったり、泳いだり。
忙しいときこそ乱れがちな体調や精神を管理し続けることは、大切な作業です。
明鏡止水。

ここのところ悩んでいた予約制がよいかどうかのお話もできました。素晴らしいアドバイスを頂きました。ジャストタイミング。

先月は、依頼原稿を断ろうと思っていた時に、「書くべき」という学生さんがいらっしゃいました。世の中、道を導いてくださる「ガイド」のような方が、しかるべき時に現れてくださいます。感謝の念がたえません。自然の示す道を見失わないような、素直な心を保つ必要性。

診療が遅れてしまったため、インタビューがとても遅くなってしまいました。
ありがとうございました。
肩こり トリトリ体操のお話もできました。

記事は秋口にオンラインで参照できるようになる予定とのこと。
久々に こたつの風景とともに、学生時代をふりかえりました。

|

« 国立埼玉大学附属中学校での講演会 / 最後の夏の宿題 | トップページ | ケネディ大使の言葉 / 「水は流れても川は残る」 »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事