« バタフライは魚になること | トップページ | 大石学先生のTV講演 / 解体新書 »

2013年8月 6日 (火)

夏の心にしみる歌詞 / 守りながら走り続ける

短い意味のない言葉のられつのSPAMのような曲に人々は飽きてきています。
夏のドライブには、時々古い曲を聞いています。歌詞に意味がある。
サザンはとても良いです。

夏に聴くにピッタリです。希望に満ちた歌詞
「奇跡の地球」は、若者のもつ無常感に交じる希望の歌詞。若い生命からは、困難を突き破る破壊力がほとばしる。歳を重ねても、その推進力を忘れないように鍛え続けろと教えてくれる。僕らは、桜井さんのようにカッコいい若い医師たちを守り育てる義務がある。生きている間、力の限り、走り続けるべき。

ジャジーな感じにアレンジされています。
夏の思い出を寒くなりかけた日に歌うという時間の経過を感じさせる歌詞。「夕日をあつめるツイードのジャケット」は、わたせせいぞうのイラストの高級感を感じさせます。

アイペンシルやイヤリングと言った小物が美しい。色彩豊かです。曲の始まりから、だんだんクライマックスに向かう。声がかすれるのは、緊張による交感神経亢進によるもの。その瞬間を美しく切り取った歌詞は他に例を見ません。来生えつこさんの感性。磨かれた大人の女性の流麗さが際立つ曲。夏の夕暮れ。

もうダメだと思っても、そこからもう一歩踏み出せるかが大切。その気持ちがULTRA SOUL。忙しかった救急の詰所でこの歌詞をよく聞いていました。
心を鼓舞する歌詞です。世界水泳の曲。

意味のある歌詞は味わい深いものです。

|

« バタフライは魚になること | トップページ | 大石学先生のTV講演 / 解体新書 »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事