« Woman最終回 / 無い影 / 寂しさがまじる理由 | トップページ | 嵐の合間を走る / 白いクモ »

2013年9月13日 (金)

Cast‐off shell of a cicada / セミの抜け殻 / 目は透明

暑い日が続いています。40度を超えたりしています。
The_castoff_shell_of_a_cicada1
強い日差しの下、セミの抜け殻を発見しました。
英語では、Cast-off shell of a cicada、キャスト鋳型の殻という意味のようです。全くその通り。

木の幹だったり、葉の裏にあったり。
よく見てみると、美しい形をしています。
土の中で安全に何年も暮らしていた形。

The_castoff_shell_of_a_cicada2 土の中を掘り進む前の肢は大きな鎌のような形をしています。
前肢に土がついているけれども、体はつるつるできれいです。
子供のときから、いつも不思議に思っている謎のひとつ。
太陽に透かすと、名残の糸がみえます。

Cicada_eye また、目の部分は体と違って透明。
王蟲の目のようです。
ナウシカは銃の火薬で王蟲の目を外して、ガンシップの風防に使ったりしていました。

頭とおなかの部分のバランスがとてもいい。
美しい流線型です。生き物は無駄がなく、自然美を備えている。
いつも感動します。

Castoff_shell_of_cicada3 何年も土にいて、空を舞う今、暑くっても、この数日が彼らの人生です。
夏の陽光の元、「明っかるいなぁ」とか言いながら、元気いっぱい鳴きながらパートナーを探していることでしょう。

私たちは夏を何年も経験できるから、暑いとか蒸すとか文句いえる。

文句言ってはいけないと、いろいろ考えます。

|

« Woman最終回 / 無い影 / 寂しさがまじる理由 | トップページ | 嵐の合間を走る / 白いクモ »

17.雑言」カテゴリの記事