« 羊の海音 / ひつじ雲 | トップページ | 進化するココナッツの香り / St. Ives triple butter »

2013年9月30日 (月)

蝶と黒い鳥のいる午睡 / コンテストのための下絵

Butterfly

コンテストのための下絵を書いていました。 なかなか進まない。いっぱい紙と黒鉛を無駄にしました。時間との戦い。デジタルなんかで解決できない。
望む曲線はストイック。重心がなかなか現れない。

イメージは降りてくるまで時間がかかります。走ったり、泳いだり、診療している僕の脳内で何らかのプロセスをしている。
蝶も鳥も風に舞うような弱い生き物でなく、未来を自力で飛ぶ。

人がなんていうかなんて、関係なく、力強く生き抜く。
日高先生は、蝶は蝶の目と脳で考えていることを教えてくれました。温度を感じ、樹々の匂いを嗅ぎ分け、力強く生き続ける。生まれながらの優等生。僕らには見えない紫外線を見て、わずかな温度変化を感じる。人が届かないはるか上空を飛び、海を超える。

いきものの形や命の推進力を絵に繋ぎ止める試みを続けています。
文章でも。少しずつ。

|

« 羊の海音 / ひつじ雲 | トップページ | 進化するココナッツの香り / St. Ives triple butter »

03.絵/詩/俳句/芸術」カテゴリの記事