« ヒラキヒミ / 自然の声を聞く | トップページ | 管理栄養士さんと作る未来 »

2014年2月28日 (金)

初夏の俳句 / 夏銀河

まだ春はやってきていません。
俳句は先の季節を詠むので、季節は初夏。

噴水の煙霧晴れた先に君
舞い上がる蛍の中に独り君
かなうなら時を止めたき夏銀河  優仁

夏の空にひろがる細かな星たちは、美しいものです。
俳句は、ある一瞬をそのときの鼓動とともに写真の様に切り取り、
永遠の命を吹き込むことができます。

|

« ヒラキヒミ / 自然の声を聞く | トップページ | 管理栄養士さんと作る未来 »

03.絵/詩/俳句/芸術」カテゴリの記事