« 子供向け本 / TVの監修 / ウサギとeMate | トップページ | うさぎ!!! / 「うさぎのしっぽ」訪問 / 聴診器で心音 / 「うさぎの品種大図鑑」 »

2014年4月11日 (金)

閃輝暗点の多かった「特異日」 / ウサギ撮影OK!

閃輝暗点(せんきあんてん)の方が多くいらした日でした。

今年の3月8日が、私が勝手に「特異日」と呼んでいる頭痛が増える日でした。
昨年は、11月16日。

今日の様な閃輝暗点が多い日も、まれにあります。
通常は、閃輝暗点の初診の方は週に1-2人なのですが、
今日だけで数人いらっしゃいました。

再診の閃輝暗点の方をいれるともっと多かった。明らかに多い日。
多くの方々が同時多発的に体に変調をきたすというのは、不思議なものです。

「晴れた空を竜が昇る時、空を切り裂く聞こえない音で、人々は目がくみ頭痛で臥す」という中国の物語の一節(?)を思い出します。

気象病のようなものだと思っていますが、気温や気圧では無さそうです。
地震など地磁気的なものかもしれませんが、今のところ原因は不明です。太陽フレアかもしれないし、月の満ち欠けかもしれない。そのうちわかる日が来るかもしれません。
人間はいつでも、自然の変動の中で暮らしていることを実感します。

朗報がありました。

ウサギのしっぽの方と連絡が取れて、
明日、無事にウサギの撮影をできる許可をいただけました!
素晴らしい。

朝ランをして、泳いで、ウサギに会いに行こうと思っています。内科学会総会にも行く予定なので、いつもより少しタイトな時間割になりそうです。

明日は晴れ。

何色ののウサギがよいのか・・・
撮影が今から楽しみです。

|

« 子供向け本 / TVの監修 / ウサギとeMate | トップページ | うさぎ!!! / 「うさぎのしっぽ」訪問 / 聴診器で心音 / 「うさぎの品種大図鑑」 »

04.栄養運動医療アドバイザー / 医療コラムニスト」カテゴリの記事