« 季節外れの花粉症 / 黄砂+PM2.5 | トップページ | 小栗旬のMOMOTARO / QUEEN »

2014年5月14日 (水)

共同通信の方が見えられました / 写真撮影

Kitakashiwa 今日は、共同通信の方が見えられた日でした。色々なことが重なり、少し疲れ気味だったのですが、楽しく撮影おわりました。

オレンジページ、ダイエットの本、子供向けブックレット、コラム連載X2、神経学会、家人の病気・・・待合室や地下鉄で、いくつもの校正を同時に続けたのは生涯忘れない光景になることでしょう。

Chiyodasen 小春日和の中、歩いたことも。

困難に陥ったときには、人の情けが身に染みます。そういったときに優しい言葉を書けてくださる人がいらっしゃることに、感謝です。

北柏リハビリテーション病院の杉原先生、あおぞら診療所の前田先生・・・良き魂の医師たちにお会いすると、本当に心が安らぎます。前田先生は、7年ほど前に厚生労働省の島崎先生の研究でお会いして以来の会話でした。杉原先生は、水澤先生とつながりがあって、世間話をすることができました。

東京医大から新松戸中央病院にいらしていた当直の若い先生、福原先生からは、最先端の治療の一端を垣間見させて頂きました。病院自体が生まれ変わって、進化しています。

重なるときには重なるのですが、心を亡くす「忙しい」とは絶対に言わないように心がけています。慌ただしいのはしかたがありません。それは、外的状況。

心を亡くさないようにするのは鍛錬の継続。ひとつずつ、丁寧に。前に進むためには、ひとつつずつ。バタフライの体を流れる水の感覚を聴いて帰ってきました。

|

« 季節外れの花粉症 / 黄砂+PM2.5 | トップページ | 小栗旬のMOMOTARO / QUEEN »

16.講演会/取材など」カテゴリの記事