« 休み無く続ける事 / 新しい医学教育 | トップページ | 水澤教授退任記念祝賀会 / 横田先生と大久保先生 / ここから / 日比谷シャンテ前のゴジラ »

2014年7月20日 (日)

雷雨とオオスカシバ / 初夏の遠雷と稲妻

0720bluesky 晴天のもとオオスカシバがホバリングしていました。

オオスカシバは、鱗粉のない透明の羽を持つ特徴的な蝶の仲間です。
蜂を擬態して、鳥から逃れているとも言われています。少し前に、羽化したのちのさなぎの殻がおちていました。

Osukashiba 不思議な動きをしていたのでよく見てみると、卵を産んでいました。

明るく暖かな南向きの柔らかなクチナシの葉を選んで生見つけているようです。

Raiwbicnchi その後、夕方から雷雨になりました。
雨の予報だったので、ビアンキのメッセンジャーに書類を入れてマウンテンバイクで出かけていました。

もともと傘や雨具が嫌いなので、降られながら移動できるように準備して外出しました。稲妻が雨雲を照らす様子は傘をさしていては見ることができません。

雨具を着ていては風を感じることができません。

遠雷を聞きながら、雨の中を走り抜けるのも夏の風物詩。
今日は、バタフライの後に書くべきコラムをひとつ仕上げる事ができました。明日はさらにもう一つ。一歩ずつ。

|

« 休み無く続ける事 / 新しい医学教育 | トップページ | 水澤教授退任記念祝賀会 / 横田先生と大久保先生 / ここから / 日比谷シャンテ前のゴジラ »

05.ランとスイム 」カテゴリの記事