« extreme run swim run, day 7 /  論文を本格的に書き始めた日 | トップページ | 弔電の朝 / 全力で走り続ける / 台風11号の空 »

2014年8月 5日 (火)

extreme run, day 8 / 青空と雲 / コラムを送った日

昨日、友人の突然の訃報をききました。
学生時代を思い出し、さみしい気持ちで今朝は走りだしました。青空に白い雲。

速度が遅かったため、SWIMはできませんでした。

4.5km-4.5km, extreme run, day 8, 8/40...

中間地点の水道で水を補給していると、「そのあたま、全部汗?」と聞かれました。
声の主は、早朝の運動を大勢の仲間とされている女性でした。
「夏は補水しなくてはいけないし、この公園の水道がちょうど中間地点なんで・・・」というと、「ガンバってねー」と。

ほんの少し、さみしさが回復しました。人との会話は、人を癒します。

クリニックは、急に具合悪くなった新患の方もいらっしゃって混雑しました。
昼間に、クリニックを支えてくださっている方のご意向についてのお便りを頂戴しました。ありがたい気持ちでいっぱいです。返信もすぐにはできず。夜のSWIMもできず・・・

気持ちを切り替え、共同通信のコラムに手を入れて、送付することにしました。

「人の命は巡る」
羅針盤と信じる賢人は、そう教えてくれました。

生きているあいだ僕らは、ささやかに一つずつ自分の歩幅の歩を重ねることしかできない。

神社の境内で、弱ったカナブンに水を数滴あげながら、考えていました。かたわらの黒土の上には先に命を終えたカナブン。今日の日を生きるカナブンの背中が、朝日を受けて鮮やかに反射していました。

たくさんの方とたくさんの話をして、今日1日の仕事を終えました。
明日も走れることを願って。

|

« extreme run swim run, day 7 /  論文を本格的に書き始めた日 | トップページ | 弔電の朝 / 全力で走り続ける / 台風11号の空 »

05.ランとスイム 」カテゴリの記事