« ネットブックの底力 / Linux Mintで通常のタスク | トップページ | 「からだにいいこと」の取材 / 適切な炭水化物(糖質)の必要性 / 「低糖質ダイエット」 »

2015年2月 3日 (火)

HP mini 110 tord / CMOSバッテリー交換 / 時刻合わせ

パソコンは、小さな電池を搭載していて時計を維持しています。
電子レセプト送信用のコンピュータが認証されなくてあわてたのですが、日付が1955年(?)になってしまっていました。
CMOSバッテリーの疲弊のようです。7-8年ほど経過しつつあるので数年と言われている内臓ボタン電池の寿命が尽きてきているようです。

Lenovo(IBM) ThinkPad 用 CMOS電池 バックアップバッテリー 02K6502 互換品 Lenovo(IBM) ThinkPad 用 CMOS電池 バックアップバッテリー 02K6502 互換品


売り上げランキング : 147711

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

純正のものは、CR2016ですが、同型のもjのは見つかりませんでした。そこで、CR2025が入っているこの電池をチョイスしました。どうやら厚みだけが違うようです。容量も増えて良いかもしれません。680円。コストパフォーマンスは重要です。
Mini110batt2
アマゾンの写真が少し不鮮明で不安だったのですが、
1.コネクタの形状が同じ
2.赤と黒の線が同じ側

の二つがそろえばそのまま付ける事が出来ます。
左が外したもの、右が新しいもの。

Mini110batt1 数か所ネジをはずして、キーボードをはずせばすぐ交換できます。またしばらく使い続けることができます。メインテナンスしやすいマシンです。
時折、ジャンク屋さんで英語キーボードを1000円均一で見かけるので、きれいなのを見かけたら購入しようと思っています。

今のところ、時計は正確に刻まれているようです。

|

« ネットブックの底力 / Linux Mintで通常のタスク | トップページ | 「からだにいいこと」の取材 / 適切な炭水化物(糖質)の必要性 / 「低糖質ダイエット」 »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事