« ラン アンド スイム | トップページ | 女性と頭痛 / 妊娠と出産 / 「コウノトリのクリニック」 »

2015年12月13日 (日)

東京医科歯科大学神経内科 / 来年のローンチを祝う会

昨日、東京医科歯科大学神経内科の同門会の先生方110名以上が池袋に集結し、
2016年のローンチを祝う会が開かれました。
大広間だけでは入りきらず、離れに中堅の先生の部屋が用意されました。

大学からは最先端の発表がnatureやscienceに掲載されたことや、
各関連病院の先生方から、原著論文や医学会発表数、活躍している若い先生の話題が報告されました。

その都度、大きな拍手が起きて一体感に包まれました。

本年度、新入局の先生は10人以上いらっしゃいます。今年の春や夏、新入生勧誘会でお会いした先生方が入局を正式に決定されたのは、本当にうれしい。

私は、「若者の持つ生命力が未来の希望。皆さんの存在そのものが、私たちに生命力をと推進力を与えてくれるのです。」とご挨拶させて頂きました。

認知症やパーキンソン病、救急から在宅まで総合内科医として働く神経内科医は、今の日本にますます必要とされ、お役に立つように頑張らなくてはならないと、身が引き締まる思いで皆さんの話を伺っていました。

記念撮影は一度では入りきらなくて、2回に分けて撮影されました。

水澤先生、横田先生の2代教授の先生とは、脳を護る栄養学の話題をゆっくり語り合うことができました。
分刻みで動かれているお二方と、新しい「脳神経栄養学」のフィールドについてお話できたのは、私にとって大きな財産です。

2016年のローンチを祝って、「行くぞ」、という鳴り止まない拍手の中で、私は静かに新しい地平に歩き始める事を誓いました。

|

« ラン アンド スイム | トップページ | 女性と頭痛 / 妊娠と出産 / 「コウノトリのクリニック」 »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事