« 子供を増えない国は滅ぶ / 経済を浮上させる唯一の方法 | トップページ | Inspiron700mで仕事を行う / linux BEAN /スイムと仕事 »

2016年2月24日 (水)

アスリートと炭水化物 / 糖質を摂って、いきいきと暮らす

ごはん好きでも必ず痩せられる! 炭水化物の新常識 ごはん好きでも必ず痩せられる! 炭水化物の新常識
大和田 潔

永岡書店  2014-06-18
売り上げランキング : 60256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨日、診療後、急いでバナナとVAAMで糖質を軽く補給した後、2000m泳ぎに行きました。帰宅後、TVをつけると大盛りのご飯をレスリング女子の選手が美味しそうに食べている映像が流れていました。合計6000カロリーにもなるそうです。素晴らしい。

アスリートは炭水化物をきちんと摂取しています。彼らは、ガス欠にならないように体に蓄積された糖質や脂質を上手に燃やしながら運動することに専念しています。体脂肪を極端に削るボディビルダーの方が飲むプロテインにも、筋肉の萎縮(カタボリズム)を防ぐために多くの場合、糖質が含まれています。

糖質を制限してケトン体だけで競技に臨む方が、通常食のアスリートよりもハイパフォーマンスであるということを、私は寡聞にして知りません。逆に、ガス欠になり足が止まってしまったり、低血糖で朦朧とされたというアスリートの方のお話は聞いたことがあります。

女性自身 2016年 3/1 号 [雑誌] 女性自身 2016年 3/1 号 [雑誌]

光文社  2016-02-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アスリートではない私達も、運動と食事は両輪。彼らのミニチュア版です。

体重を減らすということと、いきいきと健やかに暮らすということは、別な話。急激に体重を落とす方法が、長期間体のメインテナンスをするのに最適な方法とは限りません。

両者を楽しんで、長い人生いきいきと暮らす。それが目標。
今回の女性自身では臨床栄養協会評議員として、そのようなことをお話しました。
きちんと運動していれば、食事の幅がひろがります。

|

« 子供を増えない国は滅ぶ / 経済を浮上させる唯一の方法 | トップページ | Inspiron700mで仕事を行う / linux BEAN /スイムと仕事 »

05.ランとスイム 」カテゴリの記事

09.ダイエットの話題」カテゴリの記事

10.代謝病 / 栄養運動医療アドバイザー」カテゴリの記事

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事