« 全天候型 / 水陸両用の体になる | トップページ | 3つのTV番組をお手伝いした日 / 医療アドバイザー / 栄養・運動アドバイザー »

2016年5月28日 (土)

オバマ大統領が広島を訪れた日 / 資質と選択 / 豊かさの永続性

自分の信念で、オバマ大統領が広島を訪れました。

彼の話は美しく、凛々しくシンプル。

戦争は虚無と混乱を引き起こし、虐殺の悲惨な結果は常に弱いものに向かうというメッセージを具体的に可視化できるような言葉で、みんなに伝えました。子供たちという次の世代に対するコミットメントが含まれていました。

彼は、頭が本当にスマートです。
聴衆の脳に眠る論理エンジンを信じて話すことができる。
一流の物語を書き、伝えることができるストーリーテラーです。
信念の軸足もある。

総論に終始する人々とは一線を画し、彼らは足元にも及ばない。
リーダーのあるべき姿を示したと思っています。
これからも世界の色々なところにいらして、美しい演説で世界の人々を導いていってほしいと願っています。

競争に耐える資質と国民の選択。
問題点も多いけれども、米国の多様性と可能性をうらやましく思いました。

日本にも、スマートな若者がたくさんいます。
彼らに競争に打ち勝って、世界に羽ばたく「ストーリーテラー」になってほしい。物質的なマネーゲームではない、「ストーリーテラー」になってほしいと願っています。
人々の心に響くのは、安定と静かな繁栄の継続です。

人間は成長するのに時間がかかる生物。
自分の目の前の時間軸しか見えない、近視眼的なものは衰退しか生まない。

さらにオバマ大統領は、こう言いました。
「自分の命がある間は実現できないかもしれない。けれども人類は、継続的に核無き世界(nuclear free world)に向かわなくてはならない。」
自分の任期などとは関係なく、人々の上に立つリーダーとしての仕事が何であるか、自分が果たすべき仕事が何であるか、長い時間軸の中での自分の仕事を彼は良く分かっている。そのためには、様々なことを分析して考える頭脳や資質が必須です。

少子化対策をやり続けているフランスなど長期的視野に立った経済政策を永年継続している日本以外の首脳は、自国が復調基調にあると主張しました。

カナダのリーダーは自腹で来日したとのこと。早めに伊勢志摩にいらして、夫婦で森の中をジョギングしていました。Tシャツと短パンでした。

翻って日本では、なんと貧しいことか。ファーストクラスで一流ホテルに宿泊するという、「外側の殻」にしか興味ない。中身の空虚を物質で埋めるジブ リの「カオナシ」と同じです。自ら空虚は、物質で薄めることは永遠にできません。税金をかすめ取って大金を合法的に蓄財しても、彼は、この貧しさからは決 して脱することができない。絶望的に心と資質が貧しい。かすめ取られ続けられるのが私たちの税金であり、それを多くの議員も容認していることが、これから も私たちに失望感を生み続けます。もう終わりにしてほしい。

オバマ大統領の、過ちからの中から希望をなんとか生み出そうとする豊かな資質や、普段着で森林を駆け抜けるリーダーの姿が際立ちます。

資質と選択。

「政治はプロフェッショナルな仕事だから、「政治家になれる基礎実力を持つ国家試験と国家資格」が必要ではないか」、と言う意見を言う若者もいまし た。そういった基礎的な資質を持ったうえで、国民の信任を得るシステムの構築が必要かもしれません。世界のトレンドが変わってきています。変換の時が来て いるのかもしれない。

さえない資質に乏しい大人と異なり、戦争というカタストロフィに向かわないように私たちを導く知性備えてほしい。良いイメージを実現化させることで しか、未来は拓けない。オバマ大統領のメッセージは、日本にもその一翼を担ってほしいということだったのではないかとも思っています。

オバマ大統領や、他国のリーダーを拝見することが、こんなに示唆に富むとは思っていませんでした。人々の脳裏にイメージを作り、世代を超えたメッセージを行ったオバマ大統領の姿は凛々しかった。多くの若者の心にも響いたことでしょう。

晴れた日ざしが印象的でした。

後日、こちらに同様のドイツの財務省のコメントが発表されました
皆、同じ考えのようです。チートなことをしても、安定した成長や発展は望めないことを、世界の人々は理解しています。日本には武士道が生きていたはずなのに、恥ずかしい限りです。

未来は、さもしい老人ではなく、希望に燃える若者が作る。
そう私は信じて、応援しています。

|

« 全天候型 / 水陸両用の体になる | トップページ | 3つのTV番組をお手伝いした日 / 医療アドバイザー / 栄養・運動アドバイザー »

17.雑言」カテゴリの記事