« 玉先生 / 『のほほん解剖生理学』 発刊!(8月15日発刊予定) | トップページ | 腰痛とともに/ Swim-RUN Day1 / ニイニイゼミ / フィカス・アルティシーマ »

2016年8月13日 (土)

診療の腰痛を運動で治す / 自分で診断、自分で治す / DAY0

昨日は、たくさんの患者様にいらしていただきました。

午後の診療が始まって、すぐ、なんとなく腰に違和感を感じていました。
時間が過ぎるにつれて、腰痛が悪化し、椅子から立つのも結構辛い状態になりました。スタッフに「お大事に」と言われて、事務作業を終え期限切れの鎮痛剤を飲んで帰宅。

Cloudynight 結構辛い腰痛でした。腰をおさえながら、ペルセウス座流星群を見に行ったけれど、曇り。あきらめて就寝。ストレッチポールによる加療も今ひとつで効果は少なかった。シップを貼って、終了。

起床後も、腰痛は続いていました。少し悪化。鎮痛剤を飲んで、どこが痛いのかストレッチしながら診察しました。こういったときの鎮痛剤は、過度の炎症を抑える作用があります。運動できるように回復することを願って、リサーラでオメガ3も摂取(90円)。

L3/4/5の脊椎周辺も痛むのですが、それを支える傍脊柱筋、特に両側の脊柱起立筋が痛むのと共に筋性防御が起きて動きを制限していました。普通に歩けない。ヘルニアや、神経根痛、神経痛ではありません。たぶん、長時間の座位による傍脊柱筋の痛みと思われました。

そこで、痛い腰をさすりながらプールにゆっくり歩いて行きました。プールでは、水中歩行をしながら、どの運動で腰がいたくなるのか、楽な姿勢なのかを確認しました。背屈で痛みが悪化し、前屈で改善するので、やはり座位を長時間継続した事による筋肉疲労(+α)と推測。

歩きながらの腰を前屈させるストレッチ、ときどきゆっくり腰が痛くない程度のSWIMを繰り返しました。休み時間にはジャグジーでストレッチ。徐々に痛みが軽くなったので、午前の運動は終了。普通に歩けるぐらいには回復。

夕方、行けるかもしれないと考え、ゆっくり散歩に出かけました。普通に走ってみるとまだ腰に響く。フォアフットのLSDと散歩を繰り返すことに。

徐々に腰痛は軽くなり、LSDを継続できるようになったため、懸垂ができる公園へ。ぶら下がってみると、腰痛はあまりない。7X3クール懸垂して、1時間ほど汗を流して終了。のんびり腰をさすって走っていると、おじいさんに「大変ですね、お疲れ様」と声をかけられてしまった・・・

重い物を持ち上げたわけでも、咳をしたわけでも、きっかけがないまま強烈な腰痛が発生することもあります。運動をつねに続けられれば良いけれども、突然コンディショニングの日がやってくることもあります。

Photo そういったときにも、自分で診断して治せるのはアドバンテージかも。まだ腰痛は軽く続いているので、明日は速度を落としたLSD&SWIMの代わりに時間を長くしようと思っています。腰痛次第。沖縄の島豆腐が手に入ったので、タンパク摂取。

今日をDAY0としました。ゴムの木は復活し、ものすごい勢いで育っている。負けないように、一つずつ。

|

« 玉先生 / 『のほほん解剖生理学』 発刊!(8月15日発刊予定) | トップページ | 腰痛とともに/ Swim-RUN Day1 / ニイニイゼミ / フィカス・アルティシーマ »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事