« トレーニング / 診療 / 本の校正 / レセプト / プレゼンファイルを作る | トップページ | 第14回日本臨床栄養大連合大会 / シンポジストとして / その1 »

2016年10月 8日 (土)

IMPREZA / インプレッサの美しいデザイン / 色と輝きと形

Impreza1

スバルのIMPREZAのCMが美しい。
青磁色・グレーの色合いが清潔でキレイ。形も美しい。

ひたすら静かに始まります。Dreams Come Trueの曲。

Impreza2 すぐに、透明パーツのキラキラした映像に。
色のコントラストと、形の変化が良い感じ。
黄金色。

Impreza3 テールライトの造形の完璧さをさりげなく見せています。
赤色の中に、金粉が散っているようなイメージも。
金は酸化すると赤くなります。

金赤という言葉を思い出します。

Impreza4 イグニッションキーを回すと、火花が散ります。エンジンからやってくる感じ。

躍動感やスタートするときのワクワク感を演出。

よく出てくる外人のドライバーは映らない。

Impreza5monoeye ハンドリングに追随してヘッドライトが動く。
どうみても、モビルスーツのモノアイ。インプレッサが生命を得て、視聴者を見つめているようです。

映像の進め方、形、色、静かさ。華美でない演出。完璧です。

インプレッサには、隈取のような醜悪なデザインや、アゴが外れたようなおかしなグリル、側壁の変なラインや、テールライトの危ない尖りもありません。他人を嘲笑するような高笑いの声もありません。

航空機の空力から形成されたSAABのような磨かれたシンプルな形。

音声には、人を嘲るような高笑いは皆無。清潔に静かに始まり、キラキラして躍動感で終わる。

車の形だけで、これだけのものを見せている。ドイツ車の完結性にも通ずる。

車の哲学を押し付けるのではなく、『多くの人が乗るクラスだから安全を』。

インプレッサは高級車でなく実用車であって、使う上での性能が完璧で形も美しい、というポリシー。潔いです。

久々に良いCMだと思っています。

|

« トレーニング / 診療 / 本の校正 / レセプト / プレゼンファイルを作る | トップページ | 第14回日本臨床栄養大連合大会 / シンポジストとして / その1 »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事