« 思春期の頭痛 / ZEROに松森先生登場 / 頻度が重要 | トップページ | Losing it on a losing night. / 喪失の魂 ある敗戦の夜 »

2016年11月17日 (木)

近赤外線でがん治療 / フタロシアニンブルー

フタロシアニン・ブルー はプルシアンブルーとともに、画を描く時によく使っていました。深みのある青でありながら、紫色が混じらない純粋な深い海の青のような透明感があります。

Photo 分子構造は、美しい対称型をしています。
中心部分に金属が入り込み、キレートをつくるとのこと。
青色をしているということは、赤色を反射しないということです。

日本人の科学者である小林久隆先生が、あらかじめフタロシアニンブルーでマーキングした抗体をガンと結合させておいて、近赤外線で熱破壊する、という新たながん治療に成功したという報道がありました。

近赤外線は、光の仲間。
『がんの光療法』といった、第4の選択肢になりそうです。
新しいテクノロジーには、目をみはるものがあります。

私は、朝のランニングをしてから、診療。世界の片隅で一歩ずつ。

|

« 思春期の頭痛 / ZEROに松森先生登場 / 頻度が重要 | トップページ | Losing it on a losing night. / 喪失の魂 ある敗戦の夜 »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事