« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月21日 (土)

新しいクリニックを作成する / 診療と取材と執筆 / みんなで協力

Photo

3月1日から新クリニックに移転することになっています。
引越しのための打ち合わせと、見積もりに敏腕の日通の荒井さんに来て作業していただきました。いまでは、えらい方になられていますが、直々にいろいろなアドバイスをいただきました。

この2週間は、怒涛の2週間でした。

診療が基本。昼食はほとんどとれずに、がんばって説明に費やしました。その中を縫って、わずか数分のために設計士の小山さんがいらしてくださったりしました。どんなに、丁寧に設計しても、いくつも修正点が生まれてきます。

墨出しをしてみて、はじめてわかること。建てつけをはじめてみて、わかることなど、リアルなものを作るというのは、修正の連続。そこが、また楽しい。

ただ、時間がタイト。昼の受付をやむなく5-10分遅らさせていただく日もありました。スタッフは一緒に良く耐えてくれました。僕らは、食事も睡眠もとらないで働く一兵卒として訓練を受けているけれども、スタッフは普通の女性なので気を遣います。

Photo_2 夜は、もうすぐ終わりになってしまう稲田屋秋葉原店で、さまざまな人々と会議。まずは、新しい本の装丁の話。次に、一緒にやっている長谷川先生と未来の話。薬局の人との話、ウエブの取材の話・・・。もう少しで、ここで玉川さんや遠藤さんに会うことができなくなってしまいます。代表の梅原さんからもお便りを頂戴しました。

診療前に新しいクリニックに行き、職人さんと院内インフラの指示をしたりしたこともありました。看板や掲示の変更は、今も続いています。システムをお願いしている松井さんと齟齬があって、卯柳さんと連絡をとったりもしました。結果的には、仲間が増えたことになって医療法人を救ってくださるシステムエンジニアの輪がひろがりました。

書ききれない出来事をこなして、ひとつの山は越えました。雲海が見えている感じ。

今日は、LSDの日。朝練は10kmRUNと30分高負荷エアロバイク、筋トレ。夜練は、8kmRUNと20分高負荷エアロバイクと筋トレでした。懸垂は朝夕合計22回。

合間は、PCのセッティングの続きと、湧いてきた本のアイディアを具現化。少し追われていたけれども、トレーニングを行ってアクティブレストで態勢を整えて追撃できる感じになりました。ドーパミンが戻ってきた感じです。

松井さんが、院内インフラの端末処理を行い、小山さんが陣頭指揮をとり、司法書士さんが手続きをすすめ、スタッフたちは今ある作業を理解して柔軟に対応する。荒井さんが日通の技術を駆使してくださり、薬局の方が会いに来てくれる。みんなで乗り越える山。困難を乗り越えるたび、チームになっていく気がします。

来週は、大切な取材が控えています。その準備もできました。気を抜かず、謙虚に一つずつ。チームで拓く未来。

|

2017年1月16日 (月)

RUN-Ex-RUN-SWIM / 仕事の合間

時間を作って、運動するようにしています。
そのほうが、却って脳の作業もはばかる気がします。

まず、重たい付加をかけたエアロバイク。250Wまでしか上げられないので、20-30回転をキープして20分。成長ホルモンやイリシンなどのマイオカインを放出させることが目的。有酸素運動にならないように気をつけています。Ex(エクササイズ)の仲間。

空き具合をみて、筋トレExもしくはLSDのランニングマシーン。インターバルにして、有酸素運動にしない。

再度、エアロバイク。間欠的にマイオカイン放出を促して、脂質代謝に。

そのあと、時間があればゆっくりSWIMすることにしています。7日土曜日、8日日曜日はフルに行えました。それぞれ200mバタフライ含む1500-2000m。

14日は、仕事で運動できず。15日は、仕事を終わらせてからジムに行ったので時間が少なくEx-RUN-Ex-RUN。RUNは合計10km。エアロバイクは、合計40分。プラス筋トレ。

本当は最後に、泳ぐとクーリングとともに筋肉がほぐれるけれど、我慢。
文字を打ちながら、各方面にメールのご返事。

神経内科医なので、認知症を含む脳のことや筋肉や神経のことについては専門内。プラス栄養学も理解できて説明できるので、医学的に正確にお話ができます。

運度は、体だけでなく脳に働くと思っています。帰ってきてから作った、バルサミコとオリーブオイルやアンチョビでつくったドレッシングがなかなか良かった。そういったこと一つひとつが大切なんだと思っています。

あす朝は、寒いけれども走ってみようと思っています。仕事に忙殺されるか、自分で仕事に乗るかは気持次第。本当に、一つずつ。

|

2017年1月14日 (土)

MONOMAXに掲載されました / トクホについて

MonoMax(モノマックス) 2017年 2 月号 MonoMax(モノマックス) 2017年 2 月号

宝島社  2017-01-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私の大好きな宝島社のMONOMAX。時々購入しています。BEAMSとのコラボもありました。よくこの値段でこの盛りだくさんの内容に付録が付けられると感心しています。リアルな本の在り方を新しく開拓して主張し続けていると思う。

Takarajima1 トクホの特集に昨年末の取材記事が掲載されています。宝島社の封筒が届いた時はうれしかった。きれいな封筒。

Takarajima2
掲載誌と編集長さんのお便りが入っていました。
ライターさんも物静かな優しげな方でした。日経メディカルの取材に続き、宝島社の取材で昨年は幕を閉じました。

Monomax 医学会の評議と並行してサプリメントアドバイザーの本山でもある、日本臨床栄養協会の代議員もしています。特定保健用食品や栄養機能食品についてお伝えしました。

小腸は長いので、栄養吸収を遅らせても最終的にはすべて吸収されてしまいます。そのようなことも含めお話ししました。医療栄養運動アドバイザー
としてのお仕事。

1月に入ってから、新クリニックの作業も矢継ぎ早に増えています。新しいクリニックで作業して、診療に行く日も増えてきました。日々がちょっとハードになってきています。帰宅も遅くなり、帰宅後も新クリニックで使うPCの準備。

昨日は、良く会合で使わせていただいた稲田屋秋葉原店が閉店するというお話を、突然うかがった日でもありました。店長の玉川さんと思い出話を少ししました。稲田屋さんと、クリニックはほぼおなじ10歳。

物事は変化していく。丁寧に一歩ずつ。

|

2017年1月 4日 (水)

Circus / ウイスキーとラムネ / ストイックさが勝負

Circusでは、クラプトンが亡くした自分の息子のことを語っている。

EGO-wrapingは、大人の事情を語っている。そして、カッコイイ。森の中を朝日の元を走るような疾走感があります。夜中のケヤキのバーのスコッチの話なのに。

どちらも似た雰囲気の曲ですが、お気に入り。
年明けからの持久力を守るためにEGO-wrapingを走りながら聴いています。

速度を増すトレーニングを少しだけ取り入れるようにしました。ストイックに継続できるかが、とても大切。

|

2017年1月 3日 (火)

『ロスチャイルドのノミ』/ 国立科学博物館

Nomi

メトロ御茶ノ水駅に、『ロスチャイルドのノミ』というポスターが張ってありました。
国立科学博物館のものです。

国立科学博物館は、とても素晴らしい博物館で散歩しながら見に行くことも出来ます。

ロスチャイルド家の方が膨大な種類のノミをコレクションしていて、その後、それが実際に役に立ったことなどが知られているそうです。

ノミの大きな絵は、まるで大きな未知の生物の様です。ポスターの力は大きい。
時間をみて、見に行こうと思っています。

|

2017年1月 2日 (月)

神田明神から医科歯科を歩く / 晴れたお正月

Kandamyoujintmd

神田明神から医科歯科はとても近いです。クリニックから神田明神も歩いて5−6分。
Clinctkandamyoujin クリニックから神田明神に行く途中には、激安の自動販売機がいくつも並んでいます。
ホットコーヒーで暖をとります。

Yushima2017 湯島聖堂もお正月の飾りになっています。
Photo
聖橋は工事が行われています。耐震と長寿化が目的であることが書かれていました。こちら側を歩かないと気が付かない看板。
2017tmd
いつもお世話になっている東京医科歯科大学と順天堂大学。
お正月にやるべき準備をすすめられるよう、気を引き締めました。

晴れた良い天気の日でした。

|

2017年1月 1日 (日)

2017年 / 神田明神にお参りする

Kandamyoujin1

神田明神にお参りに行きました。
昨年のお礼をするためです。今年の抱負もお願いしました。
Kandamyoujin2
屋根の吹き替えの寄付もしました。これも毎年。今年は新しいクリニックの住所でお願いしました。

社務所申し込みになったので、向かいのビルの1Fへ。Kandamyoujin3
こちら側から見る神田明神も良いカタチ。
Kandamyoujinamazake
いつもの甘酒屋さんは今日はおやすみ。
その代わり、たくさんの屋台が出ていました。

お正月3が日、とてもたくさんの人々で賑わいます。
平和につつがなく過ごせるよう、お願いしました。

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »