« 3月1日 / 生まれ変わった秋葉原駅クリニック / チームで頑張る | トップページ | ドイツ製のIP20Einrichten / 診療ユニットの移動 / 調整を終えた日 »

2017年3月 3日 (金)

最初から全力 / スタッフは宝 / 待ち時間が長くなり申し訳ございません

Staff1stday

新クリニック初日の朝。僕たちは、ここから始めました。その日から、受診の患者さんの数も含めて全力の診療が始まりました。水曜日の午前だったので、長谷川先生が一人目の患者さんを診られました。その間、私は外回りで不都合を一つずつ確認しました。また、足りない事務作業を行いました。

フロントのロゴは中里保子先生のフランス製の歴史を積んだ重ねガラス。合わせガラスは歴史があって、中里さんに沢山教わりました。特殊な万華鏡も診察室に飾っています。

Ran3_2 まず開業前に光触媒の立派な置物を届けていただきました。配達の日や時間など、色々配慮していただきました。
その後、何もご挨拶など行っていない失礼を申し上げていたのですが、次々にお花が届き始めました。

Ran4 いつもお世話になっている美容室のアームシュブーの南雲さんから。美容師さんだけあって、個性的な”髪型”。âmeは魂、cheveuxは髪。南雲さんに、髪に宿る魂を感じて磨いて輝かせる仕事なんですね、とお話ししました。
Ran2 これまでお世話になった沢山の方々が、いろいろな情報を集めて送ってくださいました。一目惚れして購入したけれど飾ることができなかったKAJAで購入したバリ島のガラスの置物ともマッチしています。今はなきBALS TOKYOで購入した鳥の置物やTANGERINEスピーカーも置かれています。BEAMSやFRANFRANのものもところどころに。お花はそれらを彩ります。

Ran1 入り口には、沢山のお花。私達がお世話になった方々から逆にお花を頂戴し、恐縮のいたり。ベテラン事務さんと文言を考えてお礼状をお送り申し上げました。お花に囲まれて、スタッフたちもとてもうれしそうです。

皆様、ありがとうございます!

全力で最初から行けるのは、ベテランスタッフが引き続きお仕事してくださって居るためです。お礼致します。

アドバイスいただいたみなさま、この場をかりて御礼もうしあげます。


|

« 3月1日 / 生まれ変わった秋葉原駅クリニック / チームで頑張る | トップページ | ドイツ製のIP20Einrichten / 診療ユニットの移動 / 調整を終えた日 »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事