« 気温の急激な変化 / 三叉神経痛 / 咳喘息 | トップページ | クリニックの準備を進める /TP-Link AC1200はTetherで /HP22を殻割りする »

2017年4月23日 (日)

NHKの取材 / 季節と体調不良  / 嵐が去って晴れた午前中に

Nhk0418_3hasegawadr

NHKの取材陣がいらっしゃいました。取材を頑張ってくださったメンバーの方々(許可を頂いて掲載)。長谷川先生に特別にいらっしゃっていただき、2診で併行して診療をすすめました。

東京医科歯科大学の医局の若い先生方と、クリニックの診療に当たれるのは本当に幸せなことです。患者さんへのご説明や、診療方針などをシラバスのように標準化する作業を進めています。そうすることで、安定して良質な医療を供給するインフラになれると信じているからです。私は、医科歯科の医学生教育のシラバス作成にもかかわりました。

クリニックに関しては、10年以上秋葉原の地で狭い場所から形を変え地道に診療を続けてきました。借金も他のオーナーも存在しません。医科歯科のサテライトとして、医局と相談しながら順調に成長し継続できることを願っています。医局の先生方とは、年一回のフットサル仲間です。

今回の話題は気温と体調についてでした。数週間〜数ヶ月に渡る季節の変動、特に気温の変動で体調を崩すことがよくあります。

良く言われることですが、スカイツリーの展望台は台風の中心よりも気圧が低いものの体調を崩す人はほとんどいません。新幹線や飛行機も大きな気圧変化をともないますが、楽しく旅行したり、頻繁に移動することができます。

人間は、気圧の変動にはある程度の抵抗性を持っています。

体温は、体内の酵素反応や様々な生命活動に直結しています。また、カラダの組織は、熱や寒冷からの直接的影響も受けやすい性質があります。がん細胞への温熱療法や、赤外線の治療もそこから来ています。そのため気温変動は、体調の変動に直結します。

今回の取材は、クリニックにいらしていただき、普段の外来の姿を撮影するというスタイルでした。予約制ではないので、患者さんは必要に応じてランダムにやって来ます。日々、おこなっているクリニックの日常を、スタッフの方々が必要な時間にいらっしゃって収録されて行きました(4月19日に放映されました)。

臨床医として、秋葉原駅クリニックだけでも、のべ20万人近くの方にお会いしてきました。ある嵐が去って晴れた午前中、その一部分がNHKという額縁で切り取られて絵になったような不思議な気持ちでした。

皆さん、協力ありがとうございました。また、全力で診療に当たって行こうと思っています。

一歩ずつ、一つずつ、丁寧に作業をすすめようと思っています。

|

« 気温の急激な変化 / 三叉神経痛 / 咳喘息 | トップページ | クリニックの準備を進める /TP-Link AC1200はTetherで /HP22を殻割りする »

08.新クリニック/未来の医療をめざして」カテゴリの記事