« ATHLETA / HysteicGrammer / Splatoon2 | トップページ | 脂質のブログ始動 / 透明な水流の中を泳ぐ / 運動と栄養の両輪 »

2017年7月 2日 (日)

FC東京のサッカー教室 / 走り続ける / メッシのシューズ / 世代を超えてゲーム

Fctokyo0702f 今朝は、FC東京のコーチ陣によるサッカー教室の日でした。
いつもは午後でしたが、今日は朝。暑くなってきたので、午前に行うことにしているとのこと。
練習後にFC東京のフラッグの前で記念撮影。

Fctokyonp始まるまでの間、フィールドを眺めていました。
みちコーチがいらして、読んで下さいねと持ってきて下さった新聞。
どうして参加しているの?と聞かれたので、秋の医局旅行のフットサルで多少何かしたいから、とお話しました。

0702messi メッシのマークがついたシューズで行きました。メッシのブランド・マーク。

バッドマンのようでカッコいい。シューズには、刻印のようにうめこまれています。

MessiATHLETAのバッグにつめこんでいった、水やペットボトルはすべて消費しました。

ものすごく蒸し暑くて、休憩のたびに上腕と後頭部をときどき水道でクーリングしました。

後頭部を冷やすと、動き続けていても楽になります。公園の水道でも、後頭部をクーリングすることにしています。

Messishoes シューズに埋め込まれたMESSIのマーク。

シンプルだけれどもすっきりして速さを感じさせるロゴ。

よく考えられています。

Athleta07022時間、休憩をはさみながら走り続けられたのは一つの到達点。ミチ・コーチが本当に指導上手。

「つねにゴールを向いて行くこと」「慌てないでステップ踏んでシュートすること」「フェイントの仕方」などを教わりました。

Howoldcoachs 平成3年卒なので、まわりの皆は僕が医師になったころに生まれた人たち。20−30代の中で、唯一の50代。小さいお子さんのお母さん方など。次の世代と一緒に走り続けてサッカーができるのは幸せで胸熱。

0702fieldバタフライを沢山したくて、ベンチプレスしたりしているのもサッカーに良い影響が。

体幹が安定したり上肢が使えたりすると、方向転換したり不自然な姿勢で足を出したりするときに、ひねりの安定性が増す気がします。

コーチたちの足の速さは美しかった。どうして、その場所からここまでその速度で移動できるのか、まるで009ジョーの「加速装置」。しなやかに速い。

継続して走り回れるようになったので、次は速度。ボールに慣れること。やるべきトレーニングの目標がまた見えてきました。

|

« ATHLETA / HysteicGrammer / Splatoon2 | トップページ | 脂質のブログ始動 / 透明な水流の中を泳ぐ / 運動と栄養の両輪 »

05.ランとスイム 」カテゴリの記事