« マメルリハの仮の家をつくる / 陽光と碧い鳥 | トップページ | 夏型カラスアゲハの思い出 / 春型のアモルファス »

2018年4月10日 (火)

カラスアゲハを水槽に移す / 成虫を飼う初めての試み

Photo_2

カラスアゲハのお引っ越しです。サナギ用の入れ物はとても小さい。透明なアクリル水槽で観察したかったので、金魚用のものを購入しました。

下の砂利もきっと良い感じになるのでは無いかと思いました。ときおり、川縁で蝶が石にとまって給水するのを見ていたからです。

Photo_3 だいたいのレイアウトを決めて、枯れ枝の長さを調節しました。次に落ちていた椿の花と、柑橘類の落ち葉をメンディングテープで固定。柑橘類の植物に花が咲いて、花粉をつけていると思ってもらえるとよいのですが。

Photo_4 古いラックテックの先を切って、枝をさしこむ台にしました。破って破棄してしまうものの一つ。自分がケガしたときに洗い流せるように、1−2本とってありました。

点滴の使用期限は短くて、常に破棄する物が出てきます。

Photo_5
お引っ越しです。
ビニール袋の中で、小さいケースのふたを開けていらない物をどかす。

次に、ペーパータオルの上に蝶を乗せる。
プラケースを出す。

Butterflyb1_2 という手順ですすめました。何が正解かは分からないけれど、カブトムシやクワガタ、カミキリムシのような甲虫とは扱いは違います。

蜂や蝶、バッタのような柔らかい昆虫は、胸を押すことができません。

無事移動してほっとしました。
早速、スポーツ飲料の脱脂綿にとまって休みながら給水してました。

底には、水だけを染みこませたものを置いています。本人の体調にあわせて飲んでくれればいいです。

長ければ一月間、閉鎖空間の温度と湿度、感染の制御をしていこうと思っています。

« マメルリハの仮の家をつくる / 陽光と碧い鳥 | トップページ | 夏型カラスアゲハの思い出 / 春型のアモルファス »

20.マメルリハ / mameruriha / Forpus coelestis_」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト