« マメルリハの碧 / イヌムギ(犬麦)の緑 | トップページ | 鯛のタイノエを焼く / ゆっくり食事を作る / 哲学者の散歩 »

2018年5月19日 (土)

摘んだシロツメクサの緑と白と碧羽 / シロツメクサどんぶり

Mamerurishirotume

シロツメクサを摘みにいきました。

シロツメクサはクローバーの花です。時間が経つと茶色くなってしまいます。直ぐにしおれてもしまう。保冷剤を入れた箱を持っていきました。

以前、本を書いたとき〝スィートクローバー病〟についてお話ししました。ワルファリン発見の歴史。

本を書いたりや新聞のコラムを連載していた頃もあると思うと、懐かしい。沢山のものを削ったり捨てたりして、集中力やチカラが分散しないようにしています。

彼女がクローバーを食べられるか調べてみると大丈夫だったので、朝、でかけました。すぐカジカジするので、食べられないものは使えません。

空色の茶碗に、シロツメクサの白と緑を入れました。
マメルリハの碧を添えれば完成。

Mamemacbookairマメルリハのシロツメクサどんぶり。
クリニックの行き帰りに気になっていた花でマメルリハを飾れて、美しい色を見れました。

子供たちがあそびにきていました。その中の女の子に「なんで花たくさんつんでるの?」と聞かれたので「鳥を花でつつむとかわいいと思って」と答えました。彼女の脳にイメージを作れる答えになってなかったかも。

実ったイヌムギもすこし摘んでかえりました。雑草の緑が、マメルリハの色を助ける。フラミンゴの褐藻と同様。   

Photo 文字を打っていると、じゃましにくる。親指の下に潜って指を噛んでは、ひとの顔を見あげてグーグーいっている。あるいは、肩に乗って毛繕いしながら機嫌の良いときの声グーグー。

色々な事を理解し、色々なことを考えずに、自然に従って暮らしているんだと思う。王蟲やガウナのように。

それでいいんだと思う。彼女のコトバで、ひとつずつ教えてくれる。

« マメルリハの碧 / イヌムギ(犬麦)の緑 | トップページ | 鯛のタイノエを焼く / ゆっくり食事を作る / 哲学者の散歩 »

20.マメルリハ / mameruriha / Forpus coelestis_」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト