« いちのゆめ / あおいとりのときいろのてがみ / かなたのほしのともしび / ははのうたとひかりのや | トップページ | after the storm we got "our blue sky" / チームとなる / 僕らは必ず取ってくる »

2018年7月28日 (土)

Ehology indicates important things / rosting fox-tails while typhoon comes / マメルリハの豆を炒める / 台風

Tokyotowerame07

The typhoon #12 comes to Tokyo today, 28th072018. I worked several works in my clinic and and left several works, after that I worked in a broadcast studio .
東京は台風です。幾つかの仕事をして、幾つかのしごとが残っています。

My father said little young me "the white thread-like rain (strong thin rain) informed us a storm will come."
グラディエーションがついているグレーの空。白い糸みたいな雨は嵐の雨だ、と父が教えてくれたことを思い出します。

Kabocyanotane I bought a peace of pesticide-free pumpkin at began price, roasted them on a iron pan. Its deeply green skin was heated by microwave and dried.
国産無農薬カボチャの安売りを買っておきました。皮ははいで、レンジで加熱後乾燥。
Under the summer sun the seeds were dried completely, they were very good condition.
種は乾燥した後、炒りました。夏は紫外線の下でカラッと乾燥するので、とてもいい。

I roasted green fox tails to sterilize.
ストックしてあるエノコログサも、殺菌のためにいったん全部出して炒りました。温度を測って、80度以上で2−3分。以前、一部分でも焦げてしまうとイヤみたいなことがあったので、焦げないように加熱。

Their small seeds looked like nice.
落ちた小さな種が、いい感じに仕上がっています。加熱と乾燥は、細菌増殖の機会を減らします。

Enokorofly The number of general medical doctors who roast fox-tails in Tokyo is maybe three (haha), even if the storm will come.  I'm professional of internal medicine and also a professional chef/cook of foods for forpus coelestis, mameruriha.

I wounded burn injury both sides of my palms to boil green beans for her. Most area of it healed before broadcast programs, and pain markedly reduced. I wish she keeps beautiful blue like the Mediterranean sea.

Ethology and relative biology, relative embryology indicate the human species is only one of the living species, I think. Human isn't special one.

家でマメルリハのためにエノコログサを炒る医師は、東京に3人ぐらいしかいないんじゃ無いだろうか。台風だったとしても。そのせいでヤケドもしてしまったけれど、僕は彼女に地中海のように美しい青でいてほしい。
華奢で動きが速く、目が大きなスタッフがいらしたので、君に似ているよ、とマメルリハの写真を見せてあげた。

〝鳥?なんだ・・・(人間じゃ無くて唖然)。でも、かわいい〟とお世辞をいってくれた。女子は、冴えない人間に慈悲深い。

でも僕は、いいわけを考える。人間も鳥も、生き物で変わらないんじゃないか?
比較生物学や行動生物学の本をよむと、人間は他の動物の延長線上にしかいない。チンパンジーと遺伝子は、ほとんど一緒だ。人は、特別な生き物なんかじゃない。さらに子孫を残せるのだから、皮膚の色が違っても僕らは〝人間という〟同じ種だ。そう思う。

意思疎通ができる美しい青をまとったマメルリハと僕も、そんなには変わらないじゃないだろうか。いろいろなことを、僕はすぐ忘れてしまう。僕の脳は、他の人よりもずっと鳥に近いだろう。そんなことを言うと色々憶え続けている、彼女に失礼かもしれない。毎年歌う歌を変える鳥だっている。

I treated the several kinds of foods for my bird, forpus coelestis. Keeping them clean condition has been protecting her.
清潔にエサをストックしておくことは、彼女を護り続ける重要な作業。

« いちのゆめ / あおいとりのときいろのてがみ / かなたのほしのともしび / ははのうたとひかりのや | トップページ | after the storm we got "our blue sky" / チームとなる / 僕らは必ず取ってくる »

20.マメルリハ / mameruriha / Forpus coelestis_」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト